緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

毎日無料でリーディング→依存させようとしてる?!答えはNOだし人はそこまで愚かじゃないと私が決めた

大天使スピリットカードの二枚引きプレゼントを日々やっています、という記事を書きました。

大天使カード二枚引きを無料でプレゼント 日課にしつつある理由 - 緋呂の異界絵師通信

 

 

なぜ、の理由の他に、もう一つ、文章化しておいた方がいいなということが後で思い浮かびまして。

何かと言うと。

 

「毎日のように無料提供することで、依存関係を生むのではないか」

 

ということです。

 

こういう世界では、よく起きるのが、提供側と受け取り側の間の、依存関係。

見てもらう人が見てくれる人に依存する、というのはわかりやすいと思います。

同時に、見る人が、見てもらってくれる人に依存する、というのも、起こります。

救いたい人が救われるべき人を生む...というやつですね。

 

リピーター確保のためにわざと依存関係に持ち込む人もいますが。

今は、そういう「基本悪質」な提供者のことは、除外します。

 

 

顧客(有料無料関係なく)との間に線引きをしっかりする、というのは提供する側の基本。

相手が依存心を抱かないように、最初からスタンスをはっきりさせている...という人が、私の友人達には多いように思います。

顧客を友人にしない。

自助努力をしようとしないようなら、提供を一切やめる。

同じことを何度も聞きに来る...というのも、この範疇ですね。

料金を明示し、きっちり出してもらう。

...など、いろいろな対策をしています。

 

 

私の場合は絵というカタチのあるものを提供するのが基本なので。

今まで、それほど神経質にならなくても、依存されるようなことは、お客様との間には、ありませんでした。

ヒーリングやってた頃はやはり、そこは注意しなきゃならないようなことも、けっこうありましたね。

 

 

今回の件については、カードを買ってくださった方の多くが、お手元にあるにも関わらず、「私が引くものを見たい」として、参加してくださっています。

私には、その感覚も、よくわかります。

自分の手で、自分の持ち物を引いて、それを見る...というのと、Facebookのタイムラインに載っている画像を見るのとでは、「エネルギー値」が全然違います。

優劣とか高低の問題ではなくてね。

違う周波数を入れる(というか、浴びる...の方がいいかな)ことで、いつもの自分のカードとは違った印象になるわけです。

だから、持ってる人が参加してくれることは、不思議ではない。

 

 

そんな状況も、踏まえつつ。

私が毎日のように、無料でお気軽に、悩みを書かなくてもいいというサービスを提供し続けることにより、「それに依存してくる人」は、出てくるのだろうか。

 

私は、「NO」だと思っているのです。

 

ないと思います。

 

というか、「ないのだ」と、私が決めました。

 

 

ちょっと待て、相手がどうかなんか、あんたに決められないだろ~。

 

と、思われるかもですが。

相手がどうかわからないから、私が決めるのです。

 

どうかな?大丈夫かな?て思いながらやってたら、どこかで、依存してくる人が生まれるかも知れないです。

でも、私は今回のプレゼント企画には、そのような人はいない、と決めました。

たとえ、何回も参加してくる人であっても。

 

人は、自分の思いや意見を、誰かに確認してもらいたいという願いを基本的に抱えています。

だから、相談業は繁盛するし、相談されやすいタイプの人のところには常に人が寄ります。

依存しているからそうなるのではなくて、そもそも基本的に、そうしたいものなのですよ。

もちろん、依存してるから脱けられないっていう人もいますけど。

それは、「そういう人もいる」ということにすぎない、と捉えてます。

 

 

私だって、折々に、適していると思われる人に相談しに行きます。

有料のこともあれば、お茶飲みながらレベルで解決することもある。

別の人の考えや視点から照合することで、道筋や在り方を再確認できたり、新たなアイデアや見方を発見したいからです。

 

相談する動機は人それぞれで違うでしょう。

けれど、その欲求は誰にでもあります。

程度の差は、ある。

そして、その「程度の差」というのが、依存してしまうかどうかということだと。

密着度というのも、そこには大きく作用していて。

会って相談することができたり、電話などで直接対話するケースと、今やっているように一方通行な「ただ提示するだけ」のケースとでは、作用の仕方が全く違います。

私は、そこまで人が脆いとは思ってないです。

 

 

私が今回使っているカードは、たかが44枚。

44のキーワードと、44のフレーズがあるだけです。

何かを命ずることもないし、何かを解決できる仕様でもない。

それが起きるとしたら、

「見てくれる人、その人自身の内側で起きる」

以外に、ない。

 

その刺激を求めることがクセになり、結局そこに依存する...ということになりはしないか?

 

今回は、全く、その不安はありません。

危惧は一切、ありません。

というか、この程度の刺激に依存したところで、大した依存でもないでしょう。

参加者さんは、みなさん、そこまで愚かではありません。

人は、そこまで愚かではありません。

 

だから、「今回を最後にデイリーリーディング終了します」と突然発表するだろう日まで、淡々と続けます。

 

それがいつになるかは、私が「このフェーズはこれでOK」と思えたタイミング、ということで。

続けているうちに、参加者さんが飽きてきて減っていくことも十分あるでしょう。

そうなった時に、でもまだもう少しやりたい、と思えばやるし。

そろそろこのフェーズは終わってもいいかな、と思えば、やめるし。

 

私自身の「今自分が人にGivできることは何か」でやっていることだから、もうGivはこれではできなくなったな、と思えば終了です。

 

 

 

ここ1,2ヶ月の間に、いろいろと感じ方や考え方には変遷が起きています。

おそらく、このことも、その端的な表れかな、と考えてます。

 

基本姿勢を、変えてきたからです。

 

人は油断するとすぐに依存してしまい、何も自分からはやろうとしなくなる。

そんな風に世界を見ることを、やめました。

 

なんとまあ愚かしい、という出来事が最近いくつも起きたり、しました。

あきれるとか、うんざりするとか。

希望ベースで人を見ることが難しく感じてしまうようなことが。

 

そして、そういうことを通り過ぎ、その後に出てきたのが、

「それでも、人はそこまで愚かではない」

ということです。

 

少なくとも、そういう風に世界を見ることで、私の世界はよりよい方向に行く。

だから、それでOK。

なにも、あえて、心配や不安を見る必要はない。

 

私が「この件で私に依存してくる人などいない」と決めたから、そうなります。

 

だから、何も心配はしていません。

みなさんも、安心して、タイミングが合った時は参加表明してください。

 

 

 

 f:id:art-hiro-b:20171021223240j:image

 

 

★外部サイトからも読者登録できます!→

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。