緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

傷ついたの傷つけられたの…という話

誰だって、生きていれば傷つくことはある。

誰かを傷つけることもある。

 

ひたすらに、避けようとするとか。

ちょっとあると、大げさに取り上げるとか。

 

あれは傷ついた故の反応だ…とか。

傷つかないための無意識的な行動だ…とか。

推測、憶測、想像で、わかったような顔をして、やっぱり「傷」を守ろうとする。

 

過保護。

 

むしろ、傷一つ負わない人生に、臨場感があるのかね?

 

ふかふかの真綿で常に包んで包まれて…その結果が、「生きてる実感がない」だのいう話になるんではないのかね。

 

人間は、他の野生の生き物のように「即、命」の生存競争に晒されていない分、感情や感覚によって生命感を高めるようにできている。

使わず、むしろ封じようとするのは、理に反していると思わんかね?

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。