緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

頑張ってるきみが私のストレス

見せかけを良くしている人を批判しつつ、自分も見せかけを良くしている。

なんという矛盾。

 

きみが、フェイクな顔を見せてる人たちを嫌悪して、痛烈批判を繰り返す。

でも、きみも、その人たちと、あまり変わらないことをやっているようにしか見えないよ。

 

自分ができてもいないことを、いかにもできて当たり前みたいな顔をして。

できてる前提で「だってこうでしょ」と、上から目線。

 

けれど、知ってる人は知っている。

きみ自身が、それを満たしてないことを。

 

もちろん、一番よく知っているのは、きみ自身。

 

 

それでも、きみは、それを続けるのだろう。

この見せ方をしていく、と決めたのだから。

そのやり方を教える時だってあるのだから。

今更、実は全然できてないんです…なんて、言えないだろう。

バレれば、「あんな偉そうなこと言ってたのに?!」って言われるのは、間違いないし。

 

だから頑張ってる。

頑張ってるね、うん。

 

おつかれさま。

 

 

きみを見ていると、私がストレスになるんだよ。

だから、近くに寄るのは、遠慮しとくよ。

いいところだけ見て、いいこと言うなこの人は…ってだけ思っていられる距離でいたかったかもね。

 

迂闊に近寄っちゃダメな人って、何種類かいるんだね。

 

 

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。