読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

自分というカードの最適化 最も効果的なフィールドを創るために

★好きに生きよう道

すでに人生の折り返し地点を過ぎている身には、

「今、自分に在るものを使うしかない」

というのは、まったくもって正しいと実感する。

 

 

今から身につけることがあるとして。

それも、今までやってきた、自分の中に在るものという土台の上に更に積み重ねる…というだけのことで。

まっさらなところに、新たに身につける…なんてことは。

もう、本当に、単に「好奇心を満たす」という目的以外では、限りなく無理に近い。

 

 

今、自分に在るもの。

 

自分で言うのもなんだけど。

けっこう、レアなカードを持ってると思う。

 

が、レアカードといっても、そのままでは弱っちいわけで。

 

それを、いかにして強くするか…ということが、人間の「成長」だと思うわけだ。

 

 

「絵描き」という属性のカードなら、世間にはいくらでもある。

それこそ、ピンからキリまで…というほどに。

 

その中の「見えない世界系モチーフ」グループに絞っても、まあ、そこそこいる。

 

そこからさらに、

「平面+立体 両刀使い」

「神 龍 仏 天使 オールラウンド対応」

「モノクロ カラー 両対応」

 

…とかって、絞ってみると。

 

どんどん、エリアも数も減っていく。

 

 

「やらないことを決める」というのは、そういうことだと思う。

絞って、こぼれたものを除外する。

補助カードからすら、除外する。

 

そして、残った精鋭カードのみで生きていく。

 

 

ここまでは、「自分視点」の話。

 

では、それをどう使って、どう切って、どう活かすか…ということになると。

 

「場」

が、大事になる。

 

 

カードを絞りきっただけに、対応できるエリアは狭くなる。

そこを出たら、無能と言える。

最弱以下、そもそも参加できない。

 

誰に通用するカードなのか。

 

ほとんどの相手には、無効だ。

役立たず、無意味。

 

 

ブログをどう使って行くか…ということを考えている。

このカードを使う場である「ブログ」を、どういうフィールドとして創り上げれば、効果が高いのか。

 

それを妨げるものも、自分の中にはたっぷり、ある。

それを洗い出して、除外していく。

 

カードを絞ったように、自分の中の思い癖や流されやすいところを絞り込んで。

手札から、外していく。

 

 

ポケモンのジムリーダーは、水ポケモンに最適なジムのトレーナーである。

 

私のカードの属性を最適化するフィールドを、このブログに創るとするなら。

どういうフィールドになるのか。

 

 

くだらない思考遊びの中から、案外、ヒントが出てくるものなんだ。

 

f:id:art-hiro-b:20160713004328j:plain


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。