読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

【大天使スピリットカード】制作者の思いと、制作物そのものの「存在の力」

最近は、天使とあまり関わってない時が長かったのです。

が、昨年の中盤くらいから、なんだかまた、関わることが増えるような気がするな…って、思うことがありました。

どっかに書いた気がする…けど探すのメンドクサイので放置。

 

その時は、また天使の絵を描くことが増えるかな、っていう気がしてたのですが。

もちろん、それもあるかと思うけれども。

今、この、カードを経由した流れを見ていると、そんな予測とは全然違うところで、なんか動いてるかな、って気がしてきます。

 

 

この画像は、奄海るか先生のFacebookタイムラインのスクリーンショット

とても長い画像ですが、どうしても長いまま載せたかったので、転送に時間かかっちゃってすみません。

Facebookやっていない人には見られない画面なので、デカイけど画像を貼らせてください。

f:id:art-hiro-b:20160112004523p:plain

 

るか先生のタイムライン上での2枚引き公開鑑定。

1回10名までの枠で、この記事を書いている時点で14回目。

140回のリーディングに使われたことになります。

 

140回です!

 

このタイムラインでのやり取りを拝見していると、ほんと、感無量です。

 

もう、世の中に出すことないだろうな、とか思ってたくらいのモノでした。

自分用の自問自答ツールとして作ったもので、チラホラと販売しないの?と聞かれてはいました。

でも、なんか、「差し替えたいワードがある」って思っていて、それが終わらないとダメだな…なんて考えてました。

そのうち、「数枚差し替えるよりも、ニューバージョンを作ろう」という気になってしまい。

そのまま、これはお蔵入りする予定だったんです。

 

昨年秋、あきらさんと東京でお会いしまして。

その時にも、カードの話をしました。

そしてその後、「前のもほしい」ということを、再度、言っていただいて。

それなら、少しの間扱ってもいいか、という気になったわけですよ。

ちらっと、こちらの記事に書いてあります。

【大天使スピリットカード】ご感想記事のご紹介 - 緋呂の異界絵師通信

 

 

で、初回にるか先生も申し込んで下さっていて…発送を終わってから数日の、今の状況。

誰がこんな状態を予測したか?

でも、たぶん、一番「見くびってた」のは、作った本人の、私です。

 

 

このカードは、4人の大天使に各11枚ずつ。

1枚のカードには、「スピリットワード」と「キーワード」がセットで書かれています。

 

この組み合わせ。

30分ほどで、全部出そろいました。

最初からパソコンのキーを叩いて、ガーッと一気に全部、打ち込み完了。

 

その時は、ガブリエルのカードが多めにできてしまって、選定には、私の最初の先生であるエンジェルヒーラーの方に相談しました。

ガブのパートのみ、リテイク1回、他は無修正。

 

あの時は、「もうこんなの、絶対、自分で考えてない(^_^;)」と思いましたね。

まだ、そういうことに不慣れな頃だったし。

どうにか合理的な理屈が付けられると思いたかった頃でした。

なので、「こんなの、自分で考えてない」という結論を自分で出したのは、一つの分岐点でもあったと思います。

 

これは、そんなカード。

 

結局、自分の手元にしまっとくようなモノじゃなかったってことだなあ…と、タイムライン見ながら実感中です。

 

 

わかりにくい単語も、けっこうあるカードだと思います。

あんまり普段は使われないような単語も出てくるし、二つの言葉が一見噛み合ってないように感じるセットも、まあまあ、ある。

ウリエルのカードは、抽象度の高い概念で表記されているものが多くて、私がアートセッションの補助で使ってた時も、ウリエルが出ると「あうぅ(T.T)」と、なりました。

(しかも、よく出た)

 

るか先生のタイムラインを見ていると、お題をだされた方達が、ご自身でいろいろと考えられたり、納得されていたり…と、なんだかすごく不思議です。

 

いや、そういうために作られたハズのモノですけれど。

不思議です。

 

 

 

そして、るか先生が新たに、こんな記事を書いてくれました。

 

内観ツールは自分の中から答えを導くもの。

占いは自分以外の外側から「神託」とも言える言葉が来るもの なのだ。

 

>blog.enjyudou.com

 

 

アートセッションの時、どの天使を描くべきかをサクッと決めるためのツール、という発想から始まったカード。

それが、できあがったら「自問自答ツール」になってた。

セッションでは、もともとの目的の「4人のうち、どの天使を今描くべきか」を決めるため+絵のテーマを探るために、使いました。

そこから、お客様と会話を拡げていったり。

神託」よりも「内観」のためだった…と、今振り返っても思いますね。

 

 

こういうツールが欲しいな、と思ったので、作るべきモノがダウンロードされました。

それを実際に作ったので、使うこともできます。

作られるモノは、最初から、そのものの「存在の力」てのが、あるんですよ。

 

 

ずーっと昔、中学生の頃から、小説やマンガを描いてました。

ある時、マンガを描くというのがもう無理と心底思い、そこから小説に絞って、挿絵だけ描くようになりました。

当時から、私は「書かれた作品やキャラ達は、そもそも存在がどこかにあって、私という媒体が相性がよかったので、ここから出てきているだけ」という感覚で書いてました。

自分の書いてるモノだけど、自分が作ってない…と。

 

で、そういう活動から手を引いて、絵も小説も全くやらなくなった後、そんな感覚が存在してたことも記憶から薄れてまして。

 

絵に戻って来たとほぼ同時に始まった見えない世界との関わりを、「どうにか理屈で説明できるものであるはずだ」と、ずっと、思ってました。

いや、実のところ、今でも思っています。

ただ、当時のとは、ちょっと、その「理屈」という枠組みそのものが変わって来てるので…当時のようには、思ってない。

 

作られるモノ、描かれるモノは、はじめから、「あるべきカタチ」が、あるんです。

 

それに適している者が、器になる。

または、器になるのに適した要素を多く持っている人間が、そういう風に仕立てられる。

 

私はかなり無理矢理感がありますので、後者の「仕立てられ」てきた人間だと思います。

………たぶん。

 

 

天使は、私には、「非常によくできた教師」です。

癒しとか興味ゼロなので、最初の頃は「なんで私が天使?」って思っていたけれども。

あれは、見かけ甘くてソフトなだけのドSスパルタ教師です。

だから、彼らとの関わりがふたたび濃くなる…ということは。

 

いや、予測はしない。

無駄だし。

ヘタなこと言語化すると、「いや、そうじゃない」感が満載なモノに化けて出てくるからやめます。

 

だってほら。

今すでに、予測を裏切る結果になって…

カードケースが、どうしても手に入りにくくなって、100個単位でないと注文できないところしか、いいのが見つからなくて。

100個発注しちゃったり…

印刷に使ってる用紙が、なんせ作った頃にすでにあった品番…ということは、かなり古いもので、あんまり売ってる店ない…とか。

え?もしかして、プリンタ買い換えるハメ?…な気配とか(^_^;)

いろいろと、「ちょっと待て」な状態になってるんだから…。

 

現実の問題は、リアルに生きている人間の自分が処理するしか、ないのです。

だから、100個も来ちゃうケースとか、大量に必要になる古い品番の用紙とか。

息絶え絶えな感じのプリンターの処遇とか。

なんかもう…年始からバタバタだし。

 

でも、それは、すごくすごく、嬉しいバタバタ。

 

と、いうことで。

るか先生式2枚引きで、自分向けに引いた…ら。

出たのは、こちら。

 

f:id:art-hiro-b:20160112020455j:plain

 

SNSで動き出した流れだから、コミュニティだ、確かに。

やはりウリエル来た…しかしなぜ、いつも説教されている気分になるのか(^_^;)

 

 

 

画集と大天使カードのご購入はバナーをクリック!別ウインドウで開きます。

緋呂画集 異界絵巻~神仏天使と神獣達 販売ページへ 画集販売ページへGO!

 

大天使スピリットカード 販売ページへ カード販売ページへGO!

 

こちらもよろしく!

あかり玉サイトへ あかり玉専用サイトへGO!

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。