緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

意志を帯びるピース

人と話していると、ある瞬間に、その人から延びているラインに変化が起きる瞬間がわかる、ってことがある。
(たぶんこれは、私に限ったことじゃない…多くの人がそうだと思う。感じ取り方は違うかもだけど)



バラバラにあてなく浮遊してるだけだったピースが、急に意志を帯びる。

整列したり、組み上がっていったり、色彩を変えたり、形やサイズを変えたり。

そうして、ラインに組み込まれていったり、彩ったりする。



真っ直ぐに、どこかのあるべき点に向かって、ラインそのものも意志を帯びる。



たぶん、それが起きる瞬間というのは、その人が道を見つけ出した時。

腹を決めた時。

焦点を結んだ時。



未来を創る可能性は、いつでも周りに漂っている。


ただ、漂っているだけなので、そのままでは何も起きない何にもならない。


人が意志の光をあてて、初めて。
そこに磁力が生まれ、漂うピースを、動かす。

そして、言葉という呪で縛りを加えて、固めていく。




その、最初の瞬間である、漂うピースが意志を帯びる時に、たまたま立ち会えると。

人と関わるって、いいもんだなぁ…

と、思うのです。








掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。