緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

祝詞はなんのためのものなのか

何かの効果効能を得るためのものではない。

 

自作してるので、ちぃいちょい調べるのだが。

呆れるくらいに、出てくる情報は、効果がどうしたっていう記事ばかり。

 

どの祝詞が一番効果が出るか。

あの祝詞は魔を呼ぶ。

高位の神につながるならこれ。

波動が高いのはこれ。

 

 

人間が欲を満たすために唱えるなら、どれだろうと大差ない。

私は神道家でも専門家でもない一個人だがね。

だから、別になんの権威もないけどね。

でも、呆れるよ。

 

 

魔に通じる祝詞だ...とか分けなくてもね。

自分にチカラが欲しいだけ、自分の利益が欲しいだけで唱える者が放つ波長が、そんな立派なもんであると思うのかね?

上に行くまでの途中で、別の存在に持っていかれるのが関の山。

 

信心って、そういうものじゃない。

 

 

 

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。