緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

はっきりしないなら、ムリに言葉を与える必要もない

作業や家事の合間にブログ…なのか。

ブログの合間に作業や家事…なのか。

 

別に、どっちゃでもええっちゅーねん。

 

 

万事、そんなもんだと思います。

 

昨夜書いた記事

人は何のために生まれてくるのか - 緋呂の異界絵師通信

 

ここで、私は、かさこさんの「楽しむため」という回答に、全面同意しています。

 

でも。

一方では、どうでもええやん、とも、思っています。

 

 

生きる or 死ぬ

 

どちらかの選択しか、ないのだから。

 

そして、生きている人間は、死ぬ選択をまだしていないわけで。

片方からしか、モノゴトを見ることはできない。

 

これって、「楽しむ or 苦しむ」の選択でも、同じだし。

「やる or やらない」の選択でも、同じ。

 

 

無数に選択肢があったって、一つを選んだら、他は選べない。

後に選び直すことはできるけど、その時の自分も、状況も、もはや「あの時」と同じではないので、「選べない」ことに違いはない。

 

人間の意識は、そんなに便利にはできてなくて。

一つにしか、フォーカスを合わせることはできないんです。

 

いや、そんなことない、自分は一度に二つ以上のことにフォーカスできる!

って言い張る人もいるかもね。

まあ、そんならそうで、いいです。

反論するのも、メンドクサイから。

 

 

 

何がどうであろうとも。

どのようにできていようとも。

 

死んでないのなら、生きている。

 

そのことに、意味を求めても、たぶん、仕方ない。

 

意味なんて求めなくても、生きるし、時がくれば死ぬ。

それだけ。

 

 

ただ、「どのように生きていきたいか」っていう話になると。

「何のために生まれて来たのか」

といった根源の疑問を、問い続けながら「人生時間」を過ごしていくしか、ない。

 

誰かからもらった答えなんて、自分の答えじゃない。

 

 はっきりしないなら、ムリに言葉を与える必要もない…と、私は思う。

 

一度はムリにでも言葉を当てはめてみて、それでやってみる、ってのも、アリだけど。

言葉って、意外に諸刃の剣だから。

当てはめられたことで安心しちゃうほうが、案外、損失になるかも知れない。

 

 

他人がどう言おうと、自分が「なんか違う」って感じるのなら。

なんか違うんだよ。

 

それで、いいじゃん。

 

 

 

何のために生まれたのか…とか。

何のために生きてるのか…とか。

 

その類いの問いってのは、してもしなくても、生きている今、という結果を特別左右はしません。

 

ただ、その後の結果は、もしかすると、左右するかも知れない。

 

そんな程度でいいかと。

 

 

 

 

 

 

昔は、今よりもずっとずっと「死」が身近にあった。

それだけ「生」の意味も鮮明だったのではないかな~。

 

このマンガが、好きでね。

めちゃくちゃすぎる空海も、それとは別の意味でめちゃくちゃすぎる最澄も、いい。

阿・吽 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

阿・吽 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

 

 

 

これもいいんだけどね。

クソ生意気な道真がいいのね。

昔のアニメ「一休さん」の、かわいげ無い冷めた聡いガキんちょバージョンみたい(笑)

一緒に出てくるオッサンは、気苦労多くて老け気味な新右衛門さん的。

私的には、このガキが、いかにして将来大怨霊になるのかなあ…なんて思いながら読んでたりするんだけど。

応天の門 1 (BUNCH COMICS)

応天の門 1 (BUNCH COMICS)

 

 

 

これもいいよ。

日本が単一民族国家だ…なんて、一体いつからそんな話になったのかねえ???と、アホらしくなってくる。

それくらい、国の中枢にいるのは渡来の人達ばっかりという。

天智と天武 1 -新説・日本書紀- (ビッグコミックス)

天智と天武 1 -新説・日本書紀- (ビッグコミックス)

 

 ※念のために書いておきますが、「これが歴史の真相なんだ」とかいう類いのことはカケラも思ってませんから。読み物としてとらえておくれ。

史実がどうこう、そんなことの前に、描かれる人間の右往左往から何を感じとるか…っていうことの方がよっぽど大事だ。

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。