緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

剣を抜いたツケは、いつか必ず払う時が来るんだ。極端な一般化という剣は、ツケも大きい

一般化の極みのような論に、


「男はこうだ」

「女はこうだ」


ってのが、ある。

 

確かに、生体としての違いも役割の違いもあるから、ざっくりとした特徴というのはある。

が、現代人がそこにどれほど当てはまるか…というのは、疑問。

 

 

しかし、そういう「一般化の極み」をベースにして片方を罵ってるのを見ると、

 

「この人は、よほど、恨みがあるんだろうな」

 

と、思ってしまう。

 

 

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い…だ。

 


どっちにも、バカも利口も善も悪も長も短もある。

しかも、それぞれ別の。

 

 

極端な一般化の元に非難を展開する言動には、同じように一般化したがる賛同者が現れるもので。

そういう負のコミュニティが形成されると、その中での一般化はさらに過激になる。

 

 

でも。

思うんだ。

 

甚だしい一般化を元に持論を展開する、その根底にあるのは

 

「自分を特別扱いしなかった誰か」への恨み

 

であって、もともとそんな極論を使ってまで斬りつけたかったのは、ほんのごくわずかな誰かなのだよね。

 

一般化されたと感じた自分。

特別に扱ってもらいたかった自分。

 

なのに、極論を振り回して斬りつけてばかりいたんじゃ、余計に、疎まれるだけだし。

そのことで幸せになる人は、いないよ。

同じような世界観の、同じような極論で非難したい矛先が一致してる人達が、ほんの一時、わずかなちっちゃな満足を得るかも…せいぜい、そのくらい。

 

 

まあ。

人間だから。

そういう気になっちゃう時もあるけど。

一度剣を抜いちゃったら、その理由がどんなことであれ、抜いたことの責任ってのは、取らされるようにできてる。

目の前の人がとがめなかったとしても。

その場では、なかったとしても。

だから、剣は誰もが持ってるものじゃないし、誰もが持っていいものでもない。

持てたというのは、本人がすごく努力したり、積み上げてきたり、一定以上の水準の何かを身につけているからこその、結果だ。

それを、自ら曇らせるなんて、もったいない。

 

…と、思うんだな。

 

いろんな種類の剣を抜いちゃうので、いろんなツケを度々払う…そんな一個人が思うことでした。

 

f:id:art-hiro-b:20151012215611j:plain

できれば、錆び付く程に長い間抜かないままでいる…ってのが望ましい気がする、今日この頃です。

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。