緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

連ねる 束ねる 重ねる 通す 結ぶ そして、切る...という日常の中の神事

連ねる

束ねる

重ねる

通す

結ぶ

 

そして、切る

 

 

日常的に登場するこれらの動作や、それを表す言葉。

それらは単なる動詞、単なる作業に留まらない。

 

それらには、すべからく

 

神 坐す

 

それらは、日常作業でありつつ、神事でもある。

 

神事でありつつ、日常作業でもある。

 

 

日本人はそうしたものをうまく取り入れて生きてきた民族。

多くの神事が、手仕事として日常に溶け込み、現代まで受け継がれてきている。

 

そんなものの一つを。

どうしても、ある大作用に使いたくて。

まずは取り入れるところから...ということで練習中。

 

 

自分はなんでこうも不器用なんだろう...と思いつつ。

図を理解できないところが何より痛い...とも思いつつ。

教えてくれる動画がたくさんあって、ありがたい時代だな...と実感しつつ。

一体、いつになったら「妄想の大作」に至るのか...と首をひねりつつ。

それでも、千里の道も一歩から...だし。

ね。

f:id:art-hiro-b:20180115233753p:plain


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。