緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

熱から遠く離れたとある一幕

あの日、二人は、その同じ場所にいて、同じ空気を吸いながら、同じものを見た。

 

あふれかえる賛辞。

その中にいて。

 

二人は、沈黙を選んだ。

 

暗黙のうちに。

ごく自然に。

打ち合わせたわけではなかったけれど。

語らないことを、それぞれが、選んでいた。

 

二人の立ち位置は少しずつ違っていたし。

視点も見方も、少しずつ違っていた。

 

それでも、薄膜の向こうに見てしまった。

「飾り付けられたガラクタ」を。

そして、沈黙する選択をした。

 

もはや戻らないとわかってしまった熱を、惜しみながら。

 

 

熱の渦から遠く離れて。

かつてその中に身を置いてみたことすら、どこかの誰かの経験だったかのような感覚になりながら。

 

二人とも、から騒ぎにしか聞こえないその音を眺めやる。

 

 

 

そんな一幕が、あったとさ。

 

 

f:id:art-hiro-b:20170522024324j:image

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。