緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

異界絵師は炎の窯の夢を見るか

見る。

 

登り窯

穴窯

薪窯

 

 

電気で焼成する電気窯とは違って、本当の、炎とのコラボになる。

 

炎が好きな私には、あこがれの窯。

 

 

けれど。

とにかく、設備が必要。

 

温度は1300度くらいになる。

長時間…数日間、燃やし続ける必要がある。

焼成が終わるまで炎を絶やすことはできない。

 

仮に、自宅庭や畑の空いた場所に耐火煉瓦で窯を作ることはできても。

数日間燃やし続けるなど、一人で作業できるようなシロモノではない。

 

 

誰にでもできることではない。

だからこその、価値とは言える。

 

 

電気窯なら、マイコン制御で温度設定できるものもある。

できないものでも、ある程度窯に任せることができる。

置く場所と、導入の費用がまかなえるならば、電気窯なら、手に入れることは夢ではない。

 

炎を使った焼成を最も手軽に行うには、七輪を用いた手法がある。

ただ、焼きは甘くなるしバラツキは激しい。

けれど、これならば導入に現実味がある。

 

まずは、こうしたところから。


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。