緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

アドバイスを受ける極意は、相手のことなど問題じゃないと捨てること

アドバイスをもらっても、うまくいかない…という人へ。

あなたが陥っている問題が何か、教えましょう。

 

 

 

ある人のアドバイスを、受ける。

それを、決めたとする。

どうして、そう決めたのか?

そのアドバイスを、やってみるのがいいと感じたからだろう?

それは、相手がどうとかいうよりも、示された内容が、自分の役に立つと感じたから…だろう?

 

 

なのに、いつの間にか、それを提示してくれた相手の人間性とか、実績や功績とか、時には「自分に目をかけてくれるかどうか」みたいなしょーもないところばかりに目をやってないか?

アドバイスされた時の内容そのものではなく、それを提示した相手自身へのジャッジばかりになってないか?

どうでもいい「相手を裁く」ネタばかり探してないか?

 

そういう時は、やってみるといいかな、と思ったことはどっかに飛んで行ってしまって、なかったことになってるもんだ。

うまくいかない、んじゃなくて、うまくいかないようにしてるんだよ。

 

 

相手ががカスみたいな人間であっても、自分の課題にとっての突破口になる一言をくれたのなら、他のことなんか見なくていいんだよ。

 

課題をやるのは、その人じゃない。

自分なんだよ。

 

 

全方向に完全にスゴイ人の提案以外聞き入れられないなら、一生わからないどうしようって、ぐるぐるしてりゃいい。

だって、それは、誰のいうことも聞きたくないっていうことだから。

 

 

多くの皆さんが「最後は神頼み」と言う神が、どんな有様か、知ってるかい?

一体、どこが、完全で完璧で、全方向に素晴らしいと?

でも、神は神はなんだよ。

 

自分の課題のヒントをくれる人は、神みたいなもんじゃん。

 

その託宣さえあればいいんだよ。

それをくれた人がどうかなんて、どうだっていいんだよ。

 

自分にヒットした内容だけもらって、粛々と進めれば解決するし突破もできる。

結局は、相手の「できてないところ」のせいにして、やらないように自分が仕向けているだけなんだよ。

 

 

うまくいかせたいなら、相手がどうかとか、捨てることだ。

提示された内容だけを残して、他は捨てる。

誰が言ったかとかも、覚えてなくてもいい。

自分がやるべきことだけ書き出して、やればいい。

 

これが、もらったアドバイスを活かせない人への、私からのアドバイスだ。

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。