緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

藪の奥

自分がいい感じに書いてる時ほど、書かれた内容は一般的に意味が通りにくいものになる。

最近、その傾向が高くなってる気がする。

別に、それを悩んでるとかではない。
そのようにしかできない時は、そうするしかないと思ってるので。



記憶力も、構成力も、分析力も、目に見えて乏しくなってきた…

かといって、感覚や感性の方面がその分だけ上向いてきたかといえば、そうでもない。



ヒトガタの絵は、わかりやすく見せるに最適だな、と思う。
だから、ラクで。
だから、限界が来るとも思ってた。



…と、いうことは。

わかりにくかろうが、通じなかろうが、行きたいところは藪の奥…なのかも。




掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。