緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

自問自答ツールとしてのカードを、再編成

f:id:art-hiro-b:20151110234642j:plain

ずっと前に、こういうカードを作ったんですわ。

天使しか描いてなかった頃ですね。

懐かしい…

 

4大天使それぞれに11枚ずつ、44枚のセットです。

 

でも…使ってる途中で、どうもしっくり来ないなと感じるカードが出てきて、何枚か抜きました。

刷新しようと思ってたけど、そこまでに至らず、そのままです。

今年になって、これ、ちょっとだけ復活しましたが、抜いたままで使いました。

 

 

このカードは、言葉だけのカードです。

象徴する言葉があって、サブタイトルになる文言が添えられてる。

「浄化」のカードは4大天使の全員にある唯一の言葉で、あとは全て、違うワードでできています。

 

 

去年から、じわじわと描いては捨て…してる、日本の神様のカード企画があるのですが。

それは、オラクルで、絵札ばかりのカード。

 

 

だけどね…

最近、前に作った大天使のカードを、天使と日本の神様と龍神をミックスして、新しく編成しようかな~

なんて、思い始めまして。

 

言語カードです。

大天使のカードは表が4大天使のイラストですが、今考えてるのは、裏面は全て共通で、表面のキーワードが入る方に、アイコンイラストを添える感じ…が、いいかな。

なんて。

 

裏面モノクロ、表面カラー…をイメージ中。

だけど、両面モノクロにしちゃうかも。

 

 

タロットやオラクルのように、カードに意味がある…っていうのとは違って。

書いてある言葉から、何を感じて考えるか、というのを重要視する使い方ですね。

自問自答ツール

大天使カードの時もそういう感覚で作ったけど、今回はもっと、それを追求する感じで。

要素をいっぱい盛り込んで凝った作りにするんじゃなくて、シンプルにいきたいな~。

 

前の大天使のカードは、44枚のワードがものの30分くらいで出そろったので、今回の再編成もサクッと、いくと、いいなぁ~。


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。