緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

なぜかわからないけど好きな名称

理由がわからないし、何も特別そこに縁があるわけじゃない(たぶん)のだけど、なんだかこの地名がすごく好き。

そういうこと、ある?

 

私は、「近江」という地名が、そう。

ほんとに、理由はわからない。

住んでいたことがあるわけじゃないし、近い人がいるわけでもない。

友人知人が住んでいた…などもない。

たびたび行ったというわけでもない。

特に固定のイメージがあるわけでもないのに、すごく好き。

 

これは、かなりナゾだ。

でも、「近江八幡」やら「近江塩津」とかってなると、もう、違う。

 

 

なんなんだろう。

 

「音」とか「響き」なんだろうか。

 

「おうみ」

…漢字で書いた方が好きだな…。

 

 

 

f:id:art-hiro-b:20150612191057j:plain

画像は、無料で使える写真素材サイトからいただいたもの。

伊吹山と琵琶湖だ。

どこで撮影されたのかわからない。

琵琶湖岸は福井に行く時などに通るけれど、こんな風に見えたことないので、そのルート上ではないんだろうな。

我が家からは、伊吹山は、よく見える。

毎日見ている風景だから、愛着もある。

でも、「伊吹山」という名前は、ただの名前。

 

「近江」の好きは、我ながらナゾです。 

 

 

 

もう一カ所、「難波」も、なぜか妙に好き。

けど、難波は、子どもの頃から、近鉄のアナウンスを度々聞いている…とかの体験があるから、まあ、まだ少しわかる気がする。

 

 

あなたにも、そういうナゾの「この名前が好き」が、ありますか?

 

 

★外部サイトからも読者登録できます!→

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。