読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

** 異界絵師のモノづくりと日々徒然 **

神仏と人間の世界は、流しそうめんみたいなもの………オオクニヌシさんの前走

★作品制作に関する処々 ★見えないセカイ

神云々というと、すぐに「宗教?」って思ってイヤな気分になる…という方は読まないでください。

 

逆に、宗教観が確固としてあって、あるいは何らかの宗派に属していてそれをかたくなに信じていて、「神とはこういうものだ」という信念が強固な人も、読まないでください。

 

途中で記事の内容が全く変わります。

そういうのがイヤな人も、読まないでください。

 

 

 

ヒトガタとか動植物のカタチなど、具象で表現できる「神仏」は、人間にかなり近い階層に存在してる。

 

以前にこんな文章のある記事を書きました。

 

神の何が恐ろしいって。 どんなに可愛がっていても、「もう終わり」と決めたのなら、躊躇ないであろうと、わかることです。 天使は、その神の意志を具現化するのが役目なので、そうなれば人の敵となる。

光、光、光、光………と、光だけ連呼しても人は救われない - 緋呂の異界絵師通信

 

 

このあたりに述べているような存在は、人間が身近に感じることができるような階層ではない。

「在る」も「無い」も境界のないようなところの存在で。

愛だなんだってのも、この、人間が生きている次元で語ってるようなものとは違う。

障子に穿った針先の穴から、やっと透かし見る…程度ですらも、ほとんどの人間には不可能な領域。

私? 無理だねえ~。

見たら生きて還れないと思うし。 

 

 

大きな流れというのが、あって。

人間も、その中にいます。

 

人間だけが別の流れを「創って」、分離しているところもあるけれど。

それは…なんというか……大きな気泡の中に入ってるけど、そもそもそれが浮いてるところは流れてる…みたいな。

いやまあ、そこまでの隔離状態ではないけども………

うまい表現みつからん。

 

あ…大量の流しそうめんの中に、一筋だけ色つきのが混じって流れてる…な感じか?

色つきそうめんの一本が、今の人類…な感じ?

実はそもそも全部色違いだったりするんだけど、人類からはそれが識別できなくなってる…ていう?

 

 

ともかく。

一般的に、人間が認識できる神とか天使とか仏とか…っていうのは、色つきそうめんの中にいて、適時、役割に応じて他の色に混じったり行き来したりできる感じ。

 

で、人類の色とは交わらないそうめんの方が、圧倒的に多くて大きい。

流れも、一方向だけに流れてるわけじゃないし。

 

 

いきなり何を書き始めたのか、と思われるかもですが。

 

大国主命を描くことになってて。

すごく、読み応えのある文章の挿絵として描くのだけど。

 

どうにも……

 

大国主命を描こう、と思うと、浮かんでくるのが掴み所のない抽象画ばっかりで。

 

それも、上の方に書いていたような感じの概念ばかりが、ぽこぽこと泡のように出てくる感じで。

 

 

 

 

大国主命は、前に描いた時も、抽象画になっちゃったんですよ。

(その時は、名前は、大国主命の前のお名前を想定して描いてるけど…)

 

ameblo.jp

 

 

ヒトガタのイメージが全然ないわけではないのですよ。

お顔とかは、比較的、具体的にイメージできているのです。

もっと前に、スセリさまとのペアの絵も描いてますし、その時はちゃんとヒトガタでした。

ameblo.jp

 

 

軌道を修正しないと…。

今回はヒトガタで描きたいので。

それも、できれば、若いのじゃなくて、オッサン顔で描きたいんだよねえ。

若い時はやっぱり、名前が、オオナムヂさまだから。

 

あれ?

そう思うと、今まで、大国主命として描いたことないのか?

おっと。

 

 

ヒトガタに圧縮するのに、さんざんてこずったのは、スサノオさん以来かもだなあ。

あの時は一年半かかったから。

今回は1ヶ月未満で終わらせなきゃならないので、気合い入れていきます。

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。