読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

** 異界絵師のモノづくりと日々徒然 **

神前で自分がどこの何者かを名乗るべし!設定違いを正した瞬間、発動した話

★見えないセカイ

先日、こんな話を書きました。

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

見えない世界との「繋ぎをつける」ということは、ある意味、怖い面もあるよ…と。

現実になる、その実現の仕方というのは、こちら側からは選べない、という面もあるわけですよ。

欲しい結果は伝えるのだけど、そこに至るルートはお任せ…ってことになるから。

 

そして。

この、「繋ぎ」ということの、こちら側からやっておかなきゃいけない「設定」ね。

これ、本気で大事だったんだな…というのを実感中です。

 

 

参拝の時、住所と名前を伝えよ、と、言います。

どこの誰かということを、はっきりさせるためです。

 

神様ネットワークに、正しく情報を登録する、と思ってください。

 

先日、豊川稲荷に参拝に行ったのですが。

それは、もうずっと伺ってなかったから久しぶりに…という他に、この「設定を正しく登録し直す」という理由もあったんですよ。

 

前回、豊川さんに参拝した時、正式参拝をしました。

本殿でご祈祷していただいたんですね。

その申し込みには、当然ですが、住所と名前を記載します。

 

前回の参拝は、実は私単独ではなく、グループで行きました。

当時、組んでいたグループがあって。

そのグループの名前を冠にして、住所も、そのグループの拠点にしていたお店の住所。

グループの頭として、私の名前…というカタチでのご祈祷でした。

 

けれども、その後私の動き方が大きく変わり、グループを離れて単騎行動に戻ったわけですよ。

もちろん、拠点も自宅に戻りました。

さらに、今年の1月から、我が家の主人を事業主とした屋号を新設。

私も、その屋号の元で動くことになりました。

 

そういうことで、ご祈祷いただいた当時の環境とは大きく変わってしまったのに、その後参拝にも伺ってなかったわけですよ。

 

これが、すごく気になっていたんですね。

 

なので、今回誘っていただいて、よし、この機会に設定を修正してこよう…と。

それで、参拝の際は全て、名乗る時は屋号と所在地を述べてきました。

 

設定の修正。

自分の拠点となる住所と、屋号。

屋号の主である主人の名前も述べてきて、その下につきました…ということで、自分の名前。

 

それを、本殿と奥の院以外にも、豊川稲荷さんの中の全ての神前で述べてきました。

七福神とか、大黒様とか、狐塚とかね。

 

 

さて…。

私が、それをやってから、2時間後くらいに、動きが出たのですよ。

 

それを私が知ったのは、夜のことですけれども。

逆算するとだいたい2時間後。

 

そして、そこから1週間。

 

こちらがびっくりするようなスピードで、モノゴトが全て、「はい、こうしなさい」というレールに乗せられて走り出すことに。

 

それは、事業の組み替えというくらいの、オオゴトです。

 

 

 

麒麟のワークの時、マーヤラジャ先生から、

「今まで、受け取りそこねてる分が、ものすごい量になってるね」

って、言われたのですけども。

 

今回の急転直下の再設定が、今後どういうことになっていくのか。

今、予測が立つ範囲でも、今までとはやり方も動く金額も変わってきます。

 

いやあ、もう。

拠点となる住所と屋号という、「自分の基本情報」を正しく更新してきたとたんに、これです。

 

みなさんも、手抜きしないで、何か変わった時はちゃんと、設定を更新しに行ってください。

 

豊川さんには、近々ダンナと一緒にうかがって、改めてご祈祷してもらってきます。

 

 

https://www.instagram.com/p/BJRgIlqD4I-/

豊川さん、久しぶりです。


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。