読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

小布施で北斎と改めて出逢う/岩松院~北斎館~髙井鴻山記念館

長野ツアーの私的本命は、北斎翁だった。

そう。

本心は。

神社は、二番目。

 

もちろん、行かなきゃいけないところだったから行ったんだし。

急に行くことに決めたのも、行かなきゃ行けない急き立てられ方がハンパなかったからなんだけど。

 

それでも。

 

地理もそんなに詳しくないし、方向音痴な私は、「戸隠」がどこにあるのか、よく知らなかった。

でも、長野だということは知っていた。

行くなら諏訪とセットだ、とも思っていた。

 

だが。

私には、「新潟に近い長野」という認識で、神とか関係なしに、どうしても行きたい町があった。

それが、小布施。

 

新潟に近い、ということは、かなり遠い、ということだ。

いつ行けるだろう。

目的が目的だから、私は自分一人で行くほうがいいだろうか。

そんな風に、ずっと考えていた場所。

 

なぜそんなに、そこに行きたいのか…って言ったら。

そこで、北斎が晩年を過ごし。

肉筆画を描き。

それが、現存していていつでも見ることができる寺の天井にある。

と、知っていたから。

 

八方睨み鳳凰図。

21畳分の巨大な絵。

 

どうしても、それを見たかった。

 

北斎直筆の鳳凰の天井画がどこかの寺にある

小布施の岩松院という寺らしい

新潟に近い長野にあるらしい

小布施という町らしい

 

という順番に知った。

 

 

今年に入ってから、たびたび諏訪のことが身辺に登場するようになり。

いよいよ、行かなきゃならんのかな…と思っていて。

しかし、いささか懐事情がよくなかったので、見送りたいなとも思っていて。

そんな時、全然別件で、またまた小布施のことを考える機会があって。

いつ行けるかなあ…と思いながら、Googleマップで小布施を見てみた。

 

ん?

あれ?

なに?

ここ、もしかして、戸隠近いの?????

 

ルート検索してみたら……

f:id:art-hiro-b:20170428010116p:plain

 

めっちゃ、近かった(^_^;)

つーかさ…

戸隠-諏訪なんか目じゃないくらいじゃん。

小布施って、戸隠のお向かいみたいなもんじゃん…。

なにそれ。

 

 

もう、これは、アレだね。

褒美だね。

だって、戸隠と諏訪が、たぶん最後の「どうしても行かなきゃいけない参拝場所」で。

どうしても行きたい小布施は、こんなに近い。

そして、懐の方もなぜかクリアできてしまったのは、こちらに書いた通り。

 

一日を戸隠に、もう一日を諏訪にあてて。

一日は、私の褒美(あるいはエサ)で、北斎Day。

 

よし。

小布施に一泊しよう。

戸隠に最初に行って、小布施に移動して泊まる。

そうすれば、ゆっくり小布施で過ごせる。

夜までに諏訪に着いて一泊したら、朝から大社巡りして十分帰ってこられる。

 

こうして決まった、長野ツアー。

 

 

 

 なんだかんだ言って、こういう風にちゃんと、オイシイところを持ってきてくれるから。

私のような、ツボがわかりやすい人間は、簡単に餌付けされてしまうんだよ。

 

 

 

戸隠を後にして、ダンナの希望で善光寺へ立ち寄り。

そこから、小布施へと向かう。

f:id:art-hiro-b:20170428012603j:plain

善光寺の空。

 

思いのほか早く小布施に着き、チェックインに少し早かったので、翌日一番に行く予定の岩松院の場所を確認に向かった。

これも、たまたまだけど、岩松院から宿は近かった。

 

岩松院横の、登山道へ向かう小径。

桜が満開&花吹雪。

戸隠は雪がまぶしかったけど、こちらは春爛漫という風情。

f:id:art-hiro-b:20170428012807j:plain

夕方から雨の予報だったが、降ることもなく宿にチェックインできた。

 

 

宿の駐車場からの景色。

右手の画面ギリギリ、奥の方にある白い山が、戸隠。

f:id:art-hiro-b:20170428013225j:plain

 

 

 

翌日は朝から雨という予報だったけど、室内の観覧が主体になるので、あまり気にはしなかった。

が、予報は外れて、翌日も快適。

 

 

いよいよ、岩松院。

f:id:art-hiro-b:20170428013533j:plain

 

内部の写真は、もちろん、ない。

人が歩くわずかな震動が、顔料の剥落を引き起こしているという。

フラッシュとか、とんでもない。

当然撮影禁止。

 

鳳凰図はリンク先の公式サイトに載っているので、そちらでどうぞ。

信州小布施 岩松院

 

 

行ってみて初めて知ったんだけど、ここは、福島正則公の菩提寺なんだそうな。

福島正則といえば、秀吉の家臣。

実は、我が家のほんの近いところに生家があるのだ。

よもやの、地元の名士の終焉の地が、ずっと行きたかった場所と同じだった…という。

なんだかなあ。

そうそう、岩松院は曹洞宗の禅寺。

曹洞宗といえば、総本山は永平寺。

福井である。

なんだかなあ。

 

 

岩松院の後は、北斎館へGO。

 

画狂人葛飾北斎の肉筆画美術館|信州小布施 北斎館

 

肉筆画美術館だよ、肉筆画!

 

浮世絵は、絵師が原画を描き、彫り師が版木を彫り、刷り師が刷って一枚の絵になる。

印刷工程が確立されたものだ。

作品そのものは、各工程の職人の手を経て出回るもの。

 

でも、肉筆画は違う。

北斎が、直接、描いたものだ。

 

娘の応為や、門人の作品もあった。

 

そして、ここに来なければ特に気にしないで終わっただろう、北斎を小布施に呼び寄せた髙井鴻山という偉人。

 

高井鴻山記念館|信州小布施 案内図録 小布施日和|小布施文化観光協会

 

この記念館がまた、想像以上によかった。

知り合った頃、北斎は80歳手前、鴻山は30代半ば。

親子みたいな二人の出会いが、北斎を更に数段、飛躍させてくれた。

 

人間に寿命があるってことが、ホントに、残念に思える。

北斎本人も言い遺したように、後5年あれば…10年あれば…

すでに妖怪じみている90歳の爺さんは、さらに化け物になったろうに。

 

 

北斎Dayの〆に、小布施名産の栗のスイーツで一休み。

店に入った直後、雨が降り出した。

 

 

 

長野ツアーの中日は、心の師匠に浸れる日になった。

雨も待ってくれたので、ぶらぶら散策しながら、整えられた小布施の町並みも楽しめた。

神はしばしば無理なことを要求してくるけど。

こうやって、有り余るほどの褒美をくれることもある。

 

 

 

浮世絵ではない、肉筆画の北斎に興味がある方は、北斎館刊行の図録をオススメする。

もちろん、私も買ってきた。

shop-of-hokusai.com

 

 

浪の絵は、以前「心の入門」とか言って、筆ペン練習に使わせてもらったことがある。

やってみて、ますます実感した「化け物ジジイ」だった。

ameblo.jp

ameblo.jp

 

また、時間を作ってやってみるかな…龍とか鳳凰とかで。

玉砕前提で(笑)

 

 

【長野県諏訪市/茅野市】諏訪大社 上社/下社

こちらも、「ついに完了した」感満載の諏訪大社。

諏訪湖は若い頃に一度来たことがあるのですが、参拝は初。

ここも、前から身辺では度々お名前が出ていて、行かなきゃな、とずっと思っていたのですが。

今年に入っていきなり、何が何でも早急に行ってこいや!的な流れが来たので、戸隠と合わせて組んだ…という。

 

タケミナカタさま……

なんだろなあ……

今回のはちょっと、急でしたよ…まあ、なんとか来られるだけの費用も賄えたのだけども。

(っていうか、それも含めて半強制な感じがしてね……なぜに、何十年も放置されていた龍神社の境内剪定とか、それに付随して発生したいくつかの案件とか…突然降ってわいたようにいただけたのか…とか……)

(しかも、その龍神社に来られている宮司さんてば、どういうわけか、私の産土神社にお勤めの方だそうだし………ホントどういうわけなのか……)

 

 

私が、神様方との縁を「あえて無視して、思いっきり避けていた」頃に。

タケミナカタさまのお名前は、ぽろっと、とんでもない出現の仕方をしていたりして。

だいたい、関わってきかたが、妙なことが多いんだよねえ……。

 

ということで、今回の長野ツアーは、戸隠よりも諏訪が主体…みたいなところはありました。

私に限っては。

ダンナさんはけっこう、ほのぼのした雰囲気で終始参拝していたようですが。

私の方は、なかなか、ほのぼの気分にゃ、なれんかったさ……。

なんせ、急に行程を組んだ理由は、いかにもアヤシイ…だけどほぼ同時期に複数の方向から出て来たとあるフレーズにあり。

まあ、そのことは、ここには書きませんけれど。

 

 

公式サイト

suwataisha.or.jp

 

いろいろ詳しいのはWikipediaさん

諏訪大社 - Wikipedia

 

 

 

 

ご祭神は4社とも

・建御名方神 (たけみなかたのかみ)
・八坂刀売神 (やさかとめのかみ)

 

建御名方神は、大国主命のご子息です。

天照大神が国譲りを迫って差し向けた武甕槌命(たけみかづちのみこと)と闘ったけれど負けて、諏訪に落ち延びた…という。

負けた神がなぜに「戦の神」なのか、というと。

「負けたことにより深まった業」→神徳

てことでね。

 

坂上田村麻呂が戦勝祈願した…とか。

武田信玄が厚く信仰した…と言われてますね。

そんでもって、織田信忠(織田信長の嫡男)が、放火しました……。

 

 

 

 

上社前宮(所在地:長野県茅野市宮川2030)

f:id:art-hiro-b:20170427233108j:plain

 

ホテルからナビで向かったのだけど、ナビが指示する道が細くて目立たなすぎて通り過ぎてしまい。

引き返して、けれど再度通り過ぎてしまい。

(そんなことは、うちのダンナさんには珍しい)

もう一回引き返して、鳥居の向かい側にあった参拝者駐車場に車を止めて、徒歩で向かいました。

が。

この右往左往で参拝する時間がずれたことで、偶然にも、月次祭に参列することができた…という結果オーライ発生。

 

先月の竹島に引き続き、知らずに行ったら例祭の日のその時間ドンピシャ…という。

 

 

 

 

 諏訪大社上社本宮(所在地:長野県諏訪市中洲宮山1)

f:id:art-hiro-b:20170427233111j:plain

鳥居の向こうに見えてるのは、一の御柱。

ギリギリここまでは写真セーフな感じ(と私は思った)

ご神体は御山なので、本殿はありません。

 

行った日の午後、特別神事の「どぶろく祭」だったそうですが。

さすがにその時間まではいられなかった。

 

 

ご祭神はミナカタさまだけど…私には、どっちかっていうと「お諏訪さま」な龍神の感覚の方が強くあって。

上社でだけ授与いただける「龍蛇絵馬」をいただいてきました。

 

f:id:art-hiro-b:20170427235332j:plain

こういうものは、あまり、買い求めてこないのですがね。

これは、もうすぐ完成する作業部屋に…と思って。

 

 

 

下社春宮(所在地:長野県諏訪郡下諏訪町193)

f:id:art-hiro-b:20170427233112j:plain

 

 

下社秋宮(所在地:長野県諏訪郡下諏訪町5828)

f:id:art-hiro-b:20170427233107j:plain

境内に温泉が湧いてる神社は初めてです。

 

 

 

いやあ、しかし。

今回の長野ツアーで、「行かなきゃ」リストはおおむね、完了。

すごいホッとしました。

まあ、まだこれから沸いてくる可能性は大ですけども。

何年越しかの積もった「行かなきゃ」に一区切りついた感じ。

もちろん、私の個人的興味で参拝したい神社はまだまだたくさんありますけどもね。

出雲の海側の方とかね。

三峯とか。

あるけどね。

急き立てられる感は、今一段落して、やれやれ…って感じです。

 

 

 

【長野県長野市】戸隠神社五社巡り

ついに、ここを完了しました。

戸隠神社。

 

www.togakushi-jinja.jp

 

所在地:長野県長野市戸隠

 

ご祭神 

・宝光社(ほうこうしゃ)/天表春命(あめのうわはるのみこと)

・火之御子社(ひのみこしゃ)/天鈿女命(あめのうずめのみこと)

・中社(ちゅうしゃ)/天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)

・奥社(おくしゃ)/天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)

・九頭龍社(くずりゅうしゃ)/九頭龍大神(くずりゅうのおおかみ)

 

 

神社好きな方の間では超メジャーなところかと思います。

いろんな逸話があるようです。

 

もっとも、そんなことは私はどうでもよいのですが。

 

https://www.instagram.com/p/BTSbh59FHDg/

戸隠神社宝光社

 

地元のおじいちゃん、おばあちゃん方が中心になって、お掃除されている最中でした。

高低差のある神社なので、お年寄りには大変だと思う一方で、こういうことを日々されているからこそのご健勝か…とも感じました。

 

地元の中学生かな、と思われる少年の団体が参拝に来られてました。

何か、試合の必勝祈願かな…と、勝手に想像。

そういうシーンには、よく遭遇します。

 

遭遇の定番は、必勝祈願、お宮参り、結婚式ですね。

以前に、北陸のとある有名な神社に行った時、雪の積もる中冷水を浴びながらのお百度参りをされている男性に出会ったことがありますが。

あの時は、拝殿の前まで行くのをやめて、お邪魔にならないよう後ろの方からの参拝に留めました。

まあ、そんなこともあります。

 

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BTScQa0lD1s/

戸隠神社 火之御子社

 

天鈿女命のお宮さまですが、他のウズメさまの神社と空気違ってました。

いや、しかし、ウズメさまのお宮さまは、どこもみんな、私は好きです。

特に三重県の椿大社が好きですが、こちらの火之御子社もよかった。

 

ウズメさまは以前に描いていますけど。

こちらの感じは、その絵とは違ったイメージです。

描くとしたら、戸隠火之御子社のウズメさま特化の絵になる…かなあ。

とりあえず、椿さんとも、伊勢の猿田彦さんの方とも、感じは違いました。

一番キツイ感じがするのは、伊勢のウズメさまかなあ。

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BTSexCGFj3F/

戸隠神社中社

 

智恵の神さまとして知られるオモイカネさま。

まだ描いていません。

以前にちょっと、お世話になったことがある(たぶんそう)ので、重々お礼を述べさせていただきました。

 

 

 

奥社は、天手力雄命。

この並びでお気づきの方は「古事記好き」でしょう。

天照大神の岩戸隠れの際にご活躍の神様方が並んでます。

岩戸の前で、オモイカネさまが一計を講じ。

ウズメさまが踊って他の神々を沸かせ。

天手力雄命が、内側から細く開けられた岩戸を押さえて中の天照大神を連れ出す…という。

 

 

騒動の元凶となったスサノオさまにはキッツイお仕置きが与えられましたが。

そのおかげで?

後に国土を開拓し植林していく…という流れに繋がるのですよねえ。

 

 

 

 

というか。

私の戸隠参拝の主目的は、九頭龍社でございました。

昨年9月に描きましたけれど。

行ってみたら、また違うイメージの絵ができそうです。

っていうか、前に描いたのに加筆するかな…っていう感じは、今、してます。

 

 

奥社と九頭龍社の写真はありません。

今回はもう、雪に埋もれたすごいロケーションの参拝だったので、載せたいのは山々ですけども。

載せません。

 

 

写真の撮り方ですが。

ご覧になっておわかりかと思いますが、私は鳥居または由緒書き近辺しか撮らないです。

やむを得ず拝殿が入ってしまう時は、自分のために撮ってくる場合もありますが、ネットには載せません。

(普通に写真好きな人のことは、別にとやかくは言いませんけれど…)

 

特に、奥宮、奥の院といった場所については、鳥居周辺も載せません。

それが正しい、と押しつける気はありませんが、これは私の自分なりの「神様付き合いの上での規律/たしなみ」です。

 

 

私は参拝前にその神社の情報とかは、ほとんど調べません。

行き方くらいです。

由緒なども、調べても覚えてられないので、もう、当日になって現場で「へえ~」とか言って、それはそれで面白いことがたくさんあります。

 

神社参拝は仕事の一環ですが。

別に御利益を求めて行くわけじゃないので、どの神に何を願うか…なども、決めて行く必要もないし。

だいたい、自分に縁のあるところにしか行こうとは思わないものだしね。

(まあ、中には、強制連行に近いような時もありますけど………)

 

 

我が家からは遠かったけど。

この近くに、小布施という町があってくれたおかげで、行程を組むのが楽しかった。

その件は別記事で。

 

 

誰にでも基本的に備わっている能力だから、それを使って稼ぐことは「おかしい」と言うスピリチュアル業者批判に思う

「自分の持っているものを活用して、商売する」

ことは、なんら、悪いことではない。

商売という言い方が嫌だなと感じるなら、「仕事する」でいい。

 

この考え方に異論を唱える人は、そうはいないと思う。

むしろ、異論のある人に、だったら何で仕事なり商売なりをしたらいいの?と、聞いてみたい。

 

求められて仕事/商売にする。

自分が望んだことを、求めらるカタチにして仕事/商売する。

 

どっちにしても、「すること」は、自分が持っているなんらかの要素で成り立っているはずだ。

 

 

何が得意か。

何が好きか。

何が楽にできるか。

努力を苦に感じないことは何か。

徒労になっても嫌気がさしにくいことは何か。

 

まあ、おおむね、そんな感じの「何か」で、人は仕事する/商売するものだ。

そして、そういうものでない場合は、早期に潰れるとか、廃業するとか、転身することになる。

 

 

ここまでを踏まえて。

疑問に思っていることがある。

 

 

それは、スピリチュアル系の能力を用いて仕事/商売している人達に対する、不思議な現象だ。

 

「スピリチュアルな能力など基本的に人間には誰にでも備わっている。なのに、それを得意げにふりかざして高い金を取っている連中はおかしい」

 

そんな論調のことだ。

 

 

なぜ?

基本的に誰にでも備わっているのは、どんな能力でも同じだ。

 

シェフやパティシエはすごい。

でも、そういう人達以外には絶対に作れないか、っていうと、そんなことはない。

それでも、その能力を磨いて研ぎ澄まし、いろいろと資格も取り、開拓し、仕事にしている/商売している人達に対して「得意げにふりかざす」なんて見方はしないだろう。

 

どんな業界でも、どんな仕事でも、商売でも、同じだと思う。

 

誰かが作ったモノを仕入れて売るのであっても、いかに目利きかというところは個人の才覚が大きい。

それを褒めたり、羨んだりする人はいるだろうけど、目の高さを自慢されたとしても、「それで商売繁盛してるんだからすごいよね」となっても、「その能力を使っていること」に対して「おかしい」と思う人はいないと思う。

 

いやらしいと思われるとしたら、その人の人格であって、能力ではない。

それも、どんな業界、仕事でも、同じではないか?

 

 

なのに。

霊能者をはじめとするスピリチュアル系の人達に対しては、

「能力を使って仕事する」ことをやってると、すぐに、批判の対象にするような傾向がある。

 

 

確かに、一部にはインチキで荒稼ぎしている連中がいる。

本人が、実際の能力以上に見せて見合わないことをやっている連中もいる。

 

だけど、それは、どの世界にも必ずいる「誇大広告」であり「詐欺」をやってるヤツだということだ。

 

信じ込ませれば勝ち…なんて、そんなやり方をしてるヤツは、スピリチュアル系でなくても、どこにでもいる。

 

 

それでも、なぜか、スピリチュアル系の仕事の人達に対しては、有料で提供している、という時点で「誰でも持ってる能力なのに」とか、平気でいうんだよ。

 

自分も同じようなことできるけど、そんな誰でも持ってるもので高いカネとるなんてありえない。

なんて、いい人っぽく言ってるヤツも時々いるけど。

じゃあさ、やってみてから言ってくれよ。

あんたがいうところの「高い金取る」人と同じ内容を、同じ価格で、やってみなよ。

本当に、できるのかどうか。

 

 

できないと思うよ。

 

 

結局、うらやましいんじゃないのだろうか。

苦労してないように、見てるんじゃないだろうか。

ただ、うまいことやって荒稼ぎしてるように、見てるだけなんじゃないのか。

 

何を、知ってるというのか。

ほんと、聞きたいんだけど。

 

自分がやっている仕事/商売について適正に捉えていない人ほど、そういう変な偏向した意見をもっともらしく唱える。

 

ここんとこ、しばしば繰り返して思いを巡らす機会がくるので、書いてみた。

 

 

f:id:art-hiro-b:20170426220158j:plain

とある夕暮れの景色を自分のスマホで撮った。

誰でも写真は撮れるんだから、写真で食っていくのは難しいね…とは、言うとしても。

写真を撮る能力をふりかざすヤツはおかしい、とか言わねえだろ。

 

 

 

【内なる龍の肖像画】龍覚醒された方に特化したオーダー龍画のご案内

目下、2017年分のご予約を受付中の「内なる龍覚醒セッション」ですが。

そのセッションで内なる龍を目覚めさせた方に特化した龍画オーダーを始めることになりました。

※許可済みです。

 

 

内なる龍の肖像画 内容詳細

 

【オーダー可能な方】

・2016年にいずれかの先生から「内なる龍覚醒セッション」を受けられた方

・2017年に、いずれかの先生から受ける予定の方

 

2017年の方は、覚醒セッションを受けてからのお申し込みになります。

※オーダーいただく際に、どの先生からセッションを受けられたかお聞きします。

 

【作品仕様】

・S3号キャンバス(273×273)

・アクリル/水彩のどちらか(異素材混入の場合あり) 画材はお任せいただきます

・背面に金具+吊り紐つき

・オプションにて、額装承ります(+5400円)

 

【価格】

・32400円(うち消費税2400円、送料無料)

 

【オーダーの際に必要なこと】

・覚醒セッションの際に判明した「龍の目の色」※必須

・身体の色または全体のイメージ色※必須

・わかる場合は性別

・わかる場合は、その他の特徴

・ご希望の場合は龍のお名前を画面内に描き込むことも可能です

 (その場合は、真名ではなく愛称で承ります)

 

※私の方で「視る」ことはできませんので、必須情報のわからない方は受付できません。

 

 

 

覚醒セッションは、どの先生から受けられた方でもかまいません。

私から受けていただく場合は、セッションと同時申し込みでもOKです。

他の先生から受けられる場合は、セッションが終了してからお申し込みください。

 

セッションが6月末までの期間限定のため、肖像画のお届けは7月以降になるかと思います。

気長に待てる方のみ、お申し込みください。

 

 

私からセッションをご希望の方は、こちらからどうぞ!

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

 

 

 【関連記事】

私が龍覚醒受けた頃の記事とか、そもそも龍を描くようになったいきさつについてとか、龍とかの見えない世界についての考え方、スタンスとか。

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

↑この記事で書いている「キャラ化」は、後に「龍のカケラを手に入れろ!」への布石になってます。

 

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

 

 

身近なところに自分の龍を見えるようにしておくと、繋ぎもより強化されますよ。

脳の仕組み的にもね。

 

 

 ご注文はこちらから!

f:id:art-hiro-b:20170424174921j:plain

内なる龍の肖像画 - 緋呂屋ー”スピリット”をアートする和モノ雑貨と絵画のお店

 

 

 

 

 

【ご案内】

★外部サイトからも読者登録できます!→

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。