緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

神は、人の為に在るのに非ず…御利益くれるなら信仰する?それを何と呼ぶかと言えば…

身の程知らず。

 

もう、その一言。

 

 

この国は、彦と姫(日子と日女)の国。

この国の神は、人を創ってもいなければ、支配してもいない。

人を加護するのは、ただ、「そう在るから」で。

加護されているのは、人間だけじゃない。

 

在るもの、すべてだ。

 

 

神ってのは、神だから神なの。

人間のために存在してるんじゃないの。

神には神の役割があるの。

それは、神の役割であって、人間の子守役ではないの。

 

 

人間にとって都合のいいことを叶えてくれるのは、むしろ、神ではない。

 

都合のいいものにしたい人達がすがる「神」は、神とは似て非なるもの。

 

 

 

最近じゃ、龍神を使役できると思っている人達もたくさん沸いているらしい。

まあ、できない証明もできないから。

それを信じる人達に、何も証明はできない。

 

そんでもって、私は未だに、「龍神」には到達できていない人間だから。

 

使役できる人達は、到達できたんだ…と言われれば。

それを覆す証明も、できない。

 

ただ、「いやぁ、それは違う」とだけは、わかる。

 

根拠とか、ないけどね。

 

 

世の中には、自分が世界の高名なる悪魔達を全て祓った、と豪語する人もいる。

へえ…そのわりに、世の中よくなってないけどね。

 

でも、彼らは、彼らならではの、もはや芸術という域に達した「屁理屈」で、自分がやったスゴイ業績を本当だと、言う。

新聞に載ったなにやら…みたいなものを持ち出したりして。

 

 

私は、自分の想像を超えたことを、信じられないからと言う理由で「ない」と決めつけるのは嫌いだ。

だから、前述の人達のような主張も、「ウソだ」とか「誇大妄想だ」とか、斬り捨てる気はない。

0か100か、という判断は、しない。

なので、そういう人の話も、一応は聞く。

万が一にも、事実が混じっているかも知れないし。

もしそうでなくても、自分にとって学ぶべきことは、どこかには必ずあるものだ。

 

それを採用するかどうかは…ノーコメントね。

 

 

 

私の、不可視の世界へ対して機能する「耳」や「目」は、手に存在する。

陶土いじりをやってて、いよいよ「ああ、手が知ってるなあ」と思うんだけど。

結局、筆を持ったり土を触ったりしないと、不可視領域へのアンテナの機能はほとんど、働かない。

 

だから、人が語ることを肉体の耳で聞いても、何も感知できない。

 

しかし、肉体的レベルに極めて近いところで機能する器官も、あって。

それは、嗅覚。

そして、皮膚感覚。

 

それらは、私が耳で聞いて会話したことに対して、自分の脳が判定するよりも早く確実に、「なんか違う」を、仕分ける。

 

 

相手が神だからって。

何も、常に服従する必要はない。

時には渡り合ったっていい。

交渉したっていい。

むやみと、「下」になることはない。

 

しかしね。

 

いつから、人間は、神より「上」になったんだ?

 

見えないルートで何かくれるなら、信仰してやってもいい。

祀ってやるから、○○をしろ。

 

悪魔(闇)を駆逐するためなんだから神が手を貸して当然だ。

 

龍神は捕まえてきて契約させ、パワーアイテムとして使えばいい。

 

 

私は人間が好きだし、今のこの世界も好きだ。

だから、今以上に不遜にならないでほしいと願う。

もう、ほんと、ギリギリのところだと思う。

いつ、表面張力を破る最後の一滴が水面に落ちるか、ほんと、わからない。

 

神社でキャーキャー言って写真撮りまくるくらいなら、まだマシ。

御朱印集めをスタンプラリーみたいに面白がるのも、まあ、いい。

神社仏閣は維持に金がかかるからね、どんなカタチであれ、お金は一助になる。

 

そんな程度のことで、そうそう、神も「最後の一滴」を絞ったりはしない。

(ただし、そんなことでも怒る神もいるよ)

 

 

少なくとも、日本の神は、人の不安を煽って動かそうなんていうことは、しないよ。

 

高尚に見えて、人の不安につけこんでいる「高次元からのメッセージ」を垂れ流してる人も、いろいろいるけど。

そもそも、日本の神々は、そういう在り方の神ではない。

 

 

モーゼが十戒を授かった。

こういうことはしてはならぬ、破れば罰が下る。

その「線」を、神の側から示した。

 

日本の神は、そういうことすら、しない。

 

おまえたちはどうなのだ?

われわれは、こうだ。

 

それだけだ。

 

それすらも、一律メッセージのようにして下ろしてくるってことは、ない。

そういうのが、日本の神。

 

風とか、光とか、水とか、音とか。

そういうところに、伝えたいことをのせてくる。

誰もキャッチしなくても、のせ続ける。

その「伝えたいこと」によって、人間の社会に大打撃があったりする。

 

神も、つねに、祈っている。

 

人間に、「もっと、われわれに添ってくれないか」と、祈ってる。

 

共に在れ。

共に、生きよ。

 

そして、地球よりももっと大きな領域の神に、祈ってる。

 

日本の神々の「伝えること」は、ほとんど、それだけなんじゃないかって、私は感じる。

 

 

人間のために在るんじゃない。

勘違いするな。

 

後押しはしてくれる。

それも、強力な後押しを。

 

ただし、人間個人としての望みが、そのまま通るとは、限らない。

もっと大きな流れ、大きなスパンにおいての「在るべき方向」へ押すのが、この国の神だから。

 

 

まあ………個性は、人間のしょーもないところと、おんなじだけどね…。

 

 

https://www.instagram.com/p/7G06lNpiR8/

http://art-hiro.com/01spirits/164/#illustration #artwork #art #日本の神様 #天照大神

art-hiro.com


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。