緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

あなたの信じる人を信じましょう

明日からバタバタになるし、明日の朝は早いし…ってことで。

今日は軽いのを書こうかなと。

 

 

よくある「それ、ホント?」の気持ち。

 

「褒めてもらったけど、ホントなの?」

「本当に、そう思ってるの?」

「お世辞とか、社交辞令なんじゃないの?」

 

よくあるね。

私も、よく思ったよ。

今も、時々思うことがある。

(まあ、本当に社交辞令だったってこともあるけど…相手見れば納得する)

 

 

よく褒めてくれる人がいて。

でも、なかなか、その言葉通りには、受け取れなかった。

 

でもでも、その人がお世辞とか社交辞令とか、無理に褒め言葉を探し出しているんじゃない、ってことも、すごく感じられた。

私以外の人のことも、すごくよく褒める人で。

その人が言う、他の人の「褒められポイント」は、私自身も、いいな~と思うようなコトばかりだったし。

 

 

それが度重なった、ある時。

 

不意に、思ったのだよね。

 

「ああ、この人が褒めてくれるのを、<そんなわけない>って打ち消すって、この人を否定することに繋がってるのかも」

 

って。

 

 

その人を、なんで、信頼するのか。

それは、その人の言動に、いろんな人間的な側面も含めて、「預けてもいいかな」って思えるから…だ。

 

なのに、どうして、その人が自分に言う褒め言葉だけは、「そんなわけない」って思うのか?

 

そこだけ、信じないのは、なんで?

 

 

「わたしを信じてくれるのに、どうして自分を信じないの?」

 

と、その人は言った。

 

 

ホントに、その通り。

 

 

 

今、「褒められたけど、そんなわけない。きっと何か裏がある」なんて、思えてしまうあなた。

あなたは、自分なんて…って思うだろうけど。

あなたが信じている、頼りにしている、好きな人の言葉ですよ。

その人が、他の誰かではなく、あなたを、褒めているんですよ。

 

その人を信じるなら、それを打ち消さないで、その言葉も信じようよ。

 

信じても、何も悪いことは起こらない。

 

あなたは、あなたの信じる人を、信じればいいんだよ。

 

 

ってことで!

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。