緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

初心の頃を思い出してみて気がついた「もしかして、これが一番好きなこと?」

 この記事を投稿後、誤字チェックのために読み返していた時ーーーーー

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

あれ?

もしかして???

 

と、思ったことが、ある。

 

 

 

 

もしかしたら、私が「一番好きなこと」は、

 

「人に会って話すこと」

 

なんじゃないだろうか。

 

 

「ヒーリング」というものは、最初から、仕事としてやっていく気は全くなかった。

あれは、絵がとにかく天使になっちゃって、いろいろと妙な現象も身に起きていて。

それを相談してみた時に、「あまりにも何も知らずに突っ込んできちゃうと危ないから。一度、勉強しておいたほうがいい」と言われてのことだった。

それを言われた時には、「ヒーリングって何????」という状態だったので、よくわからずに「じゃあお願いします」って、生徒になったのだけど。

 

一通り講習のサイクルを終えるまではやる、と決めていたから、その間はカリキュラム通りに、モニターさんへのヒーリングやらカードリーディングやら、やった。

 

結局、「ひょうたんから駒」状態で、絵がセッションとして残っていったので、あれは必要なステップだったと言える。

 

ぶっちゃけた話、私は絵の世界に戻ってきてからですら「自分の絵には価値がない」という刷り込み呪縛から、なかなか逃れられなかった。

そんな私が、お金をいただいて人様に絵を描くなんて。

あのヒーリングレポートでの経験がなければ、起こらないことだった。

 

それを一番支えてくれたのは何か…といえば。

 

「描くこと」でもなく

「見てもらうこと」でもなく

「お金と交換できる手を持っていた」ということでもなく

 

「いろんな人と、差し向かいで会うことができる」ことだった。

 

スピリチュアル系のイベントにも、何度か出店したけれど。

総じて、それは楽しい経験だった。

 

まあ…私は実のところ「アンチスピ」に近い人間なので(笑)

そういうど真ん中な場所に自分が席を構えるということについては、いろいろ思うトコロはあったけれども。

 

お客様と話しをしながら描くのは、ホント、楽しかった。

 

 

私は、いろんな人に会うために、いっつも、あちこちに出かけている。

ほぼ全部が、自腹を切ってのこと。

セッションも、ほぼほぼやめている…に等しい状況なので、仕事で行くってことはまずなくて。

交通費も時間も、参加費用なども、かなりかかっているけれども。

行くのだ。

 

なぜって。

人に会って話すのが、好きだから。

 

人が好き…っていうのとは、なんかちょっと、違うんだけどね。

そこらへんを書いてると、話がワケわからなくなるんで割愛。

 

 

出張でのセッションも、時々、やらせていただいた。

道具を運ぶのが大変で、それなりに苦労はしたけど。

それで、固定の場所が欲しいと思って、部屋を借りたりもした。

 

固定の場所があれば、いつでもお茶会とか、他の人に来てもらって何かしてもらうとか、できると思ったから。

 

 

私は、我ながら、両極端なのだな。

どういう面でも。

 

人に会うのが面倒で引きこもっているのが一番いい、っていう面と。

面白い人に会うことが人生の醍醐味だ…みたいに思う面と。

 

その両方をいいバランスで手にしてないと、調子が悪くなる。

 

それを、実にいい具合に調整してくれて。

しかも、仕事になって、お金も入ってくる。

そんな、素晴らしく有り難いことだったんだね…あの対面セッションって。

 

 

初心に戻れ…は、そのことだったのかも知れない。

 

黙々と描く、黙々と創る。

そんな時も必要だし、そうでなきゃ生み出せない作品がある。

 

でも、逆に、そればかりだと、「身を削る」ことに傾いてしまうので。

チャージもできる両得の場も、必要になる。

 

セッションで描いた絵は、一人引きこもって描いた絵とは、違う。

どっちがいい、とか、どっちのクオリティが高い…とか、そういうことではなくて。

 

 

ワークショップも、楽しかった。

でも、それも、たぶん、難しく考え過ぎるようになってたかも知れない。

 

 

 

 

いろんなことを、難しく考え過ぎる。

悪い癖だ。

 

https://instagram.com/p/7k4TeHpiSG/

ちょっと懐かしい天使の頃ーウリエル#artwork #art #illustration #painting #pastel #angei #天使 #パステル #ウリエル #大天使

この絵から始まった、天使とのお付き合い。

 

神様や龍も描くようになった今、もう一回、対面セッションのメニューを組み直してみてもいいかも知れない。

 

って、思った。

 

 

★外部サイトからも読者登録できます!→


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。