緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

語るは何か……何もないのか

ここのところ、天空が、なんだかすごく、騒がしい。

…っていう気がする。

 

美しいのは、よいことだ。

 

でも、なんか、美しいという以外の何かがあるように感じられてしまう。

 

 

19日の夕方。

f:id:art-hiro-b:20150922232816j:plain

これは、車窓越しの撮影。

だけど、左側の虹色は、実際に空に出ていた。

 

その2時間くらい後。

弱くなっているけど、左側の円虹は、まだ見える。

f:id:art-hiro-b:20150922232930j:plain

電柱のすぐ左側に、上の方に向かって上っている雲がある。

それを上まで追っていくと、「逆向き」の虹。

f:id:art-hiro-b:20150922233041j:plain

なんで、上向きの円弧になってるのだろう。

どういう風に屈折すると、こういう光が出るのだろうか。

 

 

上の状態から、更に数十分後。

f:id:art-hiro-b:20150922232939j:plain

人によって見えるものは違うのだろうね。

 

 

 

その翌日…21日の夕空。

f:id:art-hiro-b:20150922232703j:plain

f:id:art-hiro-b:20150922233453j:plain

f:id:art-hiro-b:20150922233343j:plain

 

空は、人間が見てるから美しい…のじゃない。

もともと、ただ、あるだけで美しい。

 

観客のための美とは違う。

 

でも、黙って何か語っているように、感じる。

 

 

 

人間は、こんな有様で、いいんだろうかね。

 

 

私は、こんな有様で、いいわけないけどね。

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。