緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

世の偉大な先人は齢60から…だから「もうトシだし」なんて言いたくない

何か描いたり、作ったりすると、毎度のごとく次の日がダメダメになる…のを、どうにかしたい私です。

 

次にやりたいことがあっても、動けません。

 

たいした作品じゃない時でも、あんまり変わりません。

例外は、「ラクガキ」としてUPする時かな。

ラクガキっていうだけあって、パッと見の精巧さとか関係なくラクガキです。

 

それだけ、一点に集中して描いたり作ったりしてる…とは言えるんだけど。

かと言って、毎回翌日(ヘタすると数日ダメなこともあるし)何もできないってのは、ちょっと、考えものだなと。

 

フラフラ遊びに行く気力がある時はまだいいけど。

時にはホントに、半日、一日、寝て暮らした…っていう時もあるし。

さすがに、時間ムダにしてね?と、思ったり。

 

 

かといって、無理にエンジンかけようとしてもロクなこと起きないし…。

 

 

まあ、今のところは、それでも作らなきゃならないほどの注文でなし…と(笑)

 

…けど、それでも作った方がいい…っていうくらいに繁盛した時でも、一日インターバルを作るっていうのは心がけておくようにしたほうが、長い目で見れば長持ちするのかな~と、思ったりもします。

 

一番いいのは、そんなの関係ないくらいにジャンジャン気力が補充できること。

…だけどねえ。

 

 

昨日の記事の木喰も、北斎も、岡本太郎も、藤井達吉(小原和紙の創始者)も、60過ぎてから偉業を成している。

尊敬する人の一人である、ある現役絵師の方も、60過ぎてからの画業。

自分は、まだまだ、半世紀だし。

もうトシだし…なんて、言いたくないね~。

 

★外部サイトからも読者登録できます!→


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。