緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

もしかして、一番大事なこと

2014年の12月。

自分の指針としている人から、いろんな話をしていただいた。

その時、今まで自分は十分に考えてきたつもりでいたことが、全くそうじゃなかったことに気づかせてもらった。

 

あれから、丸5ヶ月過ぎつつある。

 

そして、ここ最近になって、ようやく…「なるほど、こういうことか」と感じられてきたことが、いくつかある。

 

 

なぜ、これを知らなかったんだろう。

 

そんな風に思うコトが、ここのところたくさん、続く。

知ろうと思えばいくらでも、もっと早くに知っていたはずのこと。

知ってはいても、気にとめてなかったこと。

 

よく、「縦割り行政の弊害」なんて言われるけど…それに似たことが自分の中でも起きていたんだな、って、思う。

 

たとえば…「絵を描く」ことと「モノを作る」こと。

「西洋」と「東洋」

「好きなこと」と「やりたいこと」

 

「何に描くのか」ということや「何を描くのか」ということ。

 

 

ようやく、「自分だけでやってるんじゃない」ということが…「自分だけでやってちゃ伸びない」ということが、実感できてきた。

 

とらえどころのない「見えない世界的概念」から、三次元の人間の世界へ…と、やっと、問いかけられたことへの答えが、降りてきた感じ。

 

あと一歩な気がする。

あともう一歩で、もしかしたら一番大事なことを、はっきり言語に落とし込めるようになる。

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。