緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

過去の自分がしかけた呪い せっかくだから逆転させて活用すればいいんじゃあるまいか?

自分が作ってきた価値観や、世界観というのは、自分自身で書き換えていく他ない。

人の助けを借りることはできるけど。

それはあくまでも補助にすぎず、実行は自分自身でやるしかない。

 

 

ずーっと昔に、いろんな要因によって形作られた観念というものがあり。

年を経て、自分の考え方も感じ方も世界観も少しずつ変化して、もはやその頃の自分とはまるで違う指針で動いている。

それでも、自分は自分で。

昔々に形作り一定の完成度に至り、それ自体が磁場を持つまでになった観念というものは、簡単には消えないものなのだ。

 

それを、実感した。

 

あの頃の自分が作った観念。

今では、もう、それに動かされることは減った、と思っていた観念。

でも、やっぱり、根の深いところで発動し続けている呪縛というのは、条件がそろったらきっちりと、あきれるほどの効果を発揮するものだった。

 

これもまた、魔法だな。

って、思った。

 

解除されない限り、発動条件がそろった時にきっちりと発動する。

お見事、昔の私。

 

そんなにまで、自分の描くもの、作るものを否定してたのか。

私は、自分の絵は嫌いではなかったはずなんだけどな。

そりゃ、満足するってことは全然なかったけれど。

そんなの、創作家は...ことに、職人的なタイプは、そういうものだと思うし。

人から認められた記憶の乏しさや、否定されてきた記憶の生々しさなんかは、今でも痛いんだけど。

それでも、基本的には自分の絵も小説も、嫌いではなかった。

というか、嫌いになれていたら、かえってよかった...と、思っていた。

そうなら、もっと早くにすっきりと、やめられたはずだから。

自然消滅するようにフェードアウトして、やめていったわけだけど。

それを惜しいとも思ってなかったブランク期間だけど。

もし、自分の作るモノを嫌いなら、そんな曖昧な消え方ではなく、「よし、これでもう終わりだ」ってどこかで思って、それで本当に縁を切れていたと思う。

 

無価値感は、今もずっと消せずに残っていて。

絵描き道に舞い戻ってからもずっと、それと格闘を続けてきた。

未だに、完全にそれに勝ったことはない。

ただ、足を取られることが減った。

それだけでも、私には大きい。

 

ところが。

本気の本気モードにならざるをえなくなり。

勝負をかけるだけの材料がそろってきて。

いざ、さあここから本番だ、っていうのを目前にした時。

呪いの発動条件を満たす出来事が続けて、やってきた。

 

多段階構造になっているこの発動条件。

今まで絵描き道に戻ってきてからも何度か、動いたことがあったのだが。

こちらの気合いというか、必要性というか、エネルギー値というか。

そんなものも、まだ大して蓄積されていない時だったので。

発動した呪いの質量も、それほどでもなくて。

(いや、当時にはそりゃ、大変だったんだけどね)

 

今は、その時とは比較にならないほど、私の未来へ向けての想いの質量が大きくなっているものだから。

発動した呪いの質量がもう、すごいことに。

 

自分を潰そうとする、この呪い。

 

かけたのは自分だから、自分が解除する他ない。

 

呪いが生きていたことにまず驚き。

その律儀な働き方に、驚き。

食らったダメージの大きさに、驚き。

 

昔の自分が抱えたものの根深さに、驚き。

 

 

こわいこわい。

 

また条件がそろった時に発動されたんじゃ、たまったものじゃない。

まずは、条件となっていることを「揃えない」ように動くということは大事なんだけど。

そもそもの、その魔方陣だか式だかをどうにかしないといけない。

この先、こんなことでいちいち落ち込んでいられない。

 

さあて。

この陣だか式だかを、逆転のものに書き換えることって、できるだろうか。

理屈の上ではできると思うんだけど。

 

せっかくの、これだけの威力を持ったものなんだから。

消すよりも、逆転させて、潰すんじゃなく活かす方の力に転換できれば一番いいじゃないか。

 

言縁百式の札を早く完成させろ...って、今浮かんできたけど。

それが使えるのか????

わからん。

 

基礎がないからホント、頭が痛い。

 

 

何にしても。

条件を揃えない、ということは、努力できる。

うっかり揃えてしまわないように気をつけよう。

ここは、気がついているから、回避はできるはずだ。

若い頃の自分から出された課題だからなー。

どうにか、するしかない。

 

 

 

 

この箱が、早く中身をくれ、と訴えております(笑)

f:id:art-hiro-b:20170801211825j:plain

 

 

死ぬまでに化けりゃ、それでいいか...なんて思っているので開き直れるのかもね

ただいま、

「よくまあ、こんなことを考えられるようになったもんだ」

と、自分で自分に感心してる最中です。

 

昨日の午後はあんな落ちまくってたのに(笑)

夕方になって脱けてからの開き直りぶりが、自分でおかしい(笑)

 

 

友人に、OSごと入れ替わったんじゃないか、って言われました。

本気モードが第二段階に入りましたからね。

それまでの本気モードは、お試し版だったらしいです。

 

 

何を進めているかは、今、まだ書けません。

いつになったら、どういう状態にまでなったら、ここに書けるのかも、わかりません。

 

 

織田信長が敦盛を舞った時、49歳だったってさ。

まだ50になってなかったって。

あれで。

(いや、別に友達じゃないけどねwww)

 

吉田松蔭なんて、亡くなった時29歳ですよ、29歳。

 

私はもう半世紀を超えました。

なのに、中身はまるで、ガキのまんまです。

あれもできない、これもできない。

大人なら普通、これくらいできるよね、ってことが全然、できない。

 

大人どころか。

シニアに近づいてますがな(笑)

 

でも。

この年になってやっと、腰が上がってきたってことも、あって。

私はどの占いでも必ず「大器晩成」と言われるんですが。

その中でも一度「大器晩成も大器晩成、70くらいからが絶好調」って言われたこともあるくらいです。

だからって言うわけじゃないけど。

今だから、まだ、いいじゃん~とか。

どこかで、思っていたりします(笑)

 

 

死ぬまでに化けりゃいいか、なんてね。

 

体の無理は利きにくくなってきたので。

できるだけ効率はよく、動いていきたいもんですが。

この性分じゃあねえ。

無駄なこと、遠回りなことの方が楽しいときたもので。

でも、それも全部、複合的に自分の技として取り込んできてる自信はある。

 

 

極端な落ち込みの直後、やけにアッパーになる...って。

ちょっと、危ないかも?

 

 

自分の影って、時々、すっごい面白いなって思うんだよねー。

f:id:art-hiro-b:20170906004040j:plain

黒くて重い大波のサーフィンだった一日。始末に負えぬは感情なり。

時々、負のエネルギーがすごい質量になることがあるんです。

今日の午後、まさにその状態が来て。

自分のそうしたパターンはそれなりに把握しているので、その最中にはSNSにつぶやいたりもせず、黙ってやり過ごしました。

夕方になって持ち直してきたので、今は大丈夫です。

 

何がきっかけになるか、というのは、その時で違うのだけど。

まあ、だいたいは、限られたパターンがあるわけでね。

でも、この黒い波が来る時は、ほどなくして何らかの展開があるか、心境が一変するなど、切り替わりの手前ってことが多いんですよ。

それも、今までのパターンでの、予測。

 

もちろん、物事には何でも「最初」があるので。

ここしばらく...お盆の前あたりからかなあ、緩やかに足下を浸してきていた今回の黒い波の始めが、今までになかったパターンの初回だということは、ないとは言えないけど。

 

 

この黒い波のサーフィン。

脱けるきっかけは、やっぱり「現実に行うべきこと」のリストでした。

四の五の言っても仕方ない、やらなきゃならない事。

その項目を淡々と列挙してみたり。

こうしよう、と思っていた内容をスケッチしてみたり。

材料がどれくらい残ってるかを確認してみたり。

そんな、日常的なこと。

 

今日は波がピークに来てるのはわかったので。

一番高さが来てた時は、ヒーリングしました。

私の、こういう時に使うヒーリングは、ちょいと独特なやり方でして。

以前、そういうことの感度が高かった友人とのやり取りの中でできてきた、万人向けではない「ヘビー・ヒーリング」です。

ヘビーという通り、めっちゃ、重いです。

ちっちゃいブラックホール、ていうと大げさですが(笑)

久々にやってみたけど、効いたねー。

軽くするとか、気分を明るくするとかいった方に向けるのではなく、より黒く重い方へ向けて質量を上げる感じのやり方なので、うっかりすると単に辛いだけになっちゃうので、人には勧められません。

 

渦中の時には、今日はブログ書く余裕もないかもなあ、なんて思ってたけど。

今はもう、けっこうケロっとしちゃってます。

 

 

でも、疲れてるなーとは感じるんで。

今日はあんまり考え事するのはやめて(企画書とかも明日にして)

寝るのが一番。

 

 

 

f:id:art-hiro-b:20170730121549j:plain

見えない世界に在る「系統」〜流れを汲む、という意味を再考する

圧縮率をあげて、サイズの小さいところにもちゃんと描けるようになれ

という、私にとっちゃ本気で苦手な、しかし実際に必要な、永遠の課題とも言えるものに直面中。

ゆえに、やや逃避。

 

 

私は実験好きで。

今まで、ほんと、いろんなものを実験してきました。

まあ、事前事後の検証などしてないものがほとんどのため、「そんなの実験と言えるかアホー!」かもだけど。

 

気になると、気になるんですよ。

いろんな意味で。

 

術者とか、ヒーラーとか、占い師などのカテゴリはもちろんのこと。

対面で何かを提供している人たちや、手仕事によって何かを提供している人たち。

ほんと、興味深くて。

 

見慣れない技法や術法を使う人となったら、なおさら気になるし。

すごく支持されている(みたいに見える)人も、けっこう気になる。

 

その人の施術なりセッションなりを受けて、私がどう変わるか、私の課題が何かしらの進展を見るか…ということは、ぶっちゃけ二の次、三の次。

受けるために課題を設ける、なんてこともあるので、そりゃあ当然そうなる。

 

お金払ってお客になって行く最大の理由は、

「その人が、どうやってそれを行うのか」

ってところ。

 

メール鑑定とか、遠隔セッションとか、トークもメールの行き来もない一方通行の「遠隔ヒーリング」とかも、けっこうな数受けてきました。

伝授系も。

 

 

今でも、どうしても、ついつい、ウズウズしちゃってねー。

受けたくなるんですよ。

 

 

でも。

本当に、ここ最近(いや、具体的にいうと、先月半ばから)、もうそういうのやめよう、って思いました。

 

本当に信頼できる人が設定しているものだけに絞ろうって。

 

無駄だから、ということではなく。

自衛のためです。

 

 

さすがに私も、見えない世界の中にあっても、個々に「系統」というものがある、ということはわかってました。

ええ、知識的には、前からわかってました。

 

しかし、ここんとこ、本当にね。

実感として、「相容れないものは、相容れない」ということが感じられるようになりまして。

 

うっかり、興味が先にたって「入れてしまう」と、後から自分が困ることになる。

おそらく過去にもそうなったことがあったんだと思うのだけど。

なんせ自覚の薄いヤツなので、なんか調子悪いな、っていう程度で通り過ぎてしまってたと思います。

 

けれど、もうさすがにね。

ああ、これはやっぱり、マズイことになるんだな。

と実感しちゃうような体験を続けていくつかしまして。

いい加減にせにゃー、と。

 

 

 

私には幸いなことに、とても信頼している方たちが比較的身近にいてくださってます。

やっぱりね。

そういう方たちに、自分の系統は沿っている感じがするんですよ。

だから、信頼できるんだな、っていうか。

 

どれほど高名だったり、人気があったりする人でも、それほどの縁を感じない方たちは、やっぱり、系統としてのズレがあるのだと思うわけです。

個人的に好感を持っているとか、そういうのは、それほど関係なくて。

好感ががあっても、「系統違うな」って感じることも、たくさんあります。

 

 

ズレのあるものを、うっかり自分に触れさせてしまうと。

やっぱり、調子悪くなります。

その方たちの施術なりヒーリングなりが間違ってるということではなくて

(いや、そういう場合もあるっちゃあるけど…)

 

もう、流れが異なる、としか。

 

入れてみないとズレははっきりわからない、というところが、私のヘボなところなのですが。

入れなくても、そこそこ感じることも、あるわけで。

今までは、そんな時でも興味が先に立って、それに負けてました。

 

けれど、もう、そんなことしてる場合じゃないー。

調子を保つってことが、このトシになると、本当に、重要なことになってきます。

回復が遅くなったし、場合によっちゃ、回復しきらずマイナスで着地してしまうことも起き得ると実感できたからね。

好奇心に殺されてる場合ではないのです。

 

遠隔ヒーリングとかはさ。

人が設定したものを入れてないで、自分でやれや、っていうのもあるしね。

(使ってないから鈍ってるよなあ〜)

 

 

緑色の爺様に、とある体の部位を保護いただいた(らしい)のですが。

ちょっと、その部位について、色々と自覚もあり。

自分自身というものも、また、一つの「源泉」であると考えた時にね。

違う水を入れるって、端的にいうと「汚染」を許すってことだよね、って。

思うわけですよ。

 

術師的絵師、という役所を考えても。

己を保つ、ってのって、至上命題だしね。

 

 

「流れを汲む」という言葉がありますが。

その意味するところを、今一度、よーく考えよう、と。

そんなところです。

 

 

 

まだ途中のペア絵皿。

f:id:art-hiro-b:20170903140055j:image

 

「自分のため」の先になにがあるのか…自分の行動を貫く筋についての一定の答え

絵を描く、という行為は、なんのためにあるのか?

 

古代から、人は絵を残してきた。

文字のない文化にも絵はあった。

絵はないけど文字はある、なんて文化は、たぶん存在しない。

絵が文字に変わった、ということはあるとしても、たぶん逆もない。

 

私は、人間の本能の中に描くという行為が刷り込まれている、と思っている。

 

では。

それは、一体、なんのため?

 

 

コミュニケーション方法の一つ。

それは、あるだろう。

言語が異なる民族同士の意思疎通にも絵は役立つ。

 

記録方法の一つ。

それも、大きい。

写真が登場するまでは、景色を留める手段は描くしかなかった。

写真が普通になっていても、絵による記録方法の方が都合がいい場合も多々ある。

 

でも。

それらは、たぶん、副次的なものなんじゃないだろうか。

 

文字がなくても絵はある文明。

洞窟の壁画。

祭壇を彩る装飾。

顔やボディに文様を描く人々。

家伝の文様。

複雑な方程式を解くための図解。

 

それらは結局のところ。

目的は、ひとつだ。

 

神へ届けるため。

 

人間という種族が存在することを伝えるため。

人智を超えた存在へ伝えるため、そしてそこから伝えられることを紐解くため。

 

 

支配者が変わる時、旧い支配者の元つくられた歴史を葬る理由はなにか。

それも結局、神へ存在を主張するためだ。

 

 

これは、私が自分の立場から感じることなので。

まるで違うことを思う人は当然、いるだろう。

そして、それでいいと思う。

 

私の行動原理は、どうしたって、最終的にはそういうところに行き着いてしまう。

もう、これは、どうしようもない。

私はそういう風にできている。

そう、認めるしかない。

少し前までは、そんなの拒否してやるって思ってたけど。

できるもんなら、もうしてる。

 

 

「なんのために、それをやるのか」

「自分のため、はいいとして、その先にはなにがあるのか」

 

私は神秘主義者でも運命論者でもないけれど。

やっぱり、人は神なくしては存在できないし、神は人はなくして存在できない、と思っている。

 

人が、人として「幸せ」で「よい生をやりきる」ために。

その人が意識するかしないかに関わらず、神の存在は外せない。

神だけじゃないけど、便宜上「神」にまとめておく。

 

 

なんのために、描くのか。

という最初の問いを、問い直す。

 

なんのために、絵描きであり続けるのか。

 

そう在りたいから、という自分のため。

じゃあ、なんのために、そう在りたいのか。

 

人は、想いを神に届けたいと願う。

どんな人でも、一生のうちに一度もそれを思わないという人はいないと思っている。

届けたい想いが、呪詛や泣き言であったとしても。

それを届けたいには、違いない。

 

人が、別の人に対して届けたいと思う「想い」も、最後に行く先は神だと思う。

人は皆、自分の中に神を宿す存在だから。

宿しているのが荒神や魔神であっても、神は神。

 

 

私は、それを、記録したい。

私の手による、私の感覚による、記録。

 

アートセッションを、天使の頃と、龍になっての今と、二本立てみたいにして展開し始めたけれど。

今、この視点に立ってみると。

描くモチーフとして登場するのが天使だろうと龍だろうと他の何らかのカタチであろうと、なんの区別もないとわかる。

 

無理に、天使で描くの、龍で描くの…という区別を設ける意味がない。

 

 

「言縁占符」(ことよりせんふ)のリーディングや護符作成も、同じことだ。

読み取るツールとしての札があり、そこから読んでこの手で「読んだことを型として記録し、エネルギーを留める」媒体としての護符がある。

アートセッションとなにが違う?

違わない。

ただ、提供するスタイルが違うだけだ。

 

やっていることは、どれも、同じ。

 

 

自分の中から出てくるものを像に作るとか。

皿に描くとか。

そういうのも、基本的には同じことだ。

 

「なんらかの想い」があって。

それを、カタチに留める。

 

ご依頼を受けて作る時は、もっとはっきりしている。

ご依頼主の「想い」をカタチにするのだから。

 

 

先日、このリーディングの感想記事に、こんなことを書いた。

 

 私、何か一つでもいいから、「歴史に残したい」です。

「自分のため」の先に。サイキックミディアムのリーディングから遠くへ釣り針を投げるの巻 - 緋呂の異界絵師通信

 

むしろ、「作品を残したい」というよりは…だ。

 

この世界に生きている人を、残したい。

この世界で生きているモノが伝えることも、残したい。

見えない世界が伝えたいとして伝えてくることも、残したい。

 

結局は、「想いをカタチにして、残したい」ということなんだな。

それをすることにより、結果として、作品が残る、という。

 

文章にすると実に陳腐だけど。

まあ、えてして、そういうものかもしれない。

 

 

だから。

残したいから。

大事にしてくれる人の手元へ送り出したい。

だから、安値はつけたくない。

むやみに無料提供もしたくない。

支払って手に入れてもらう、という意味も、ちゃんとここにあった。

そのかわり、本当にすごく大事にしてもらえるとわかる時は、無料提供も悪くない。

あなたなら、と思える人ならば。

(こちらからのご提供、っていう意味ですよ。手に入れたい側から言う話じゃございませんので、そこお間違いなく!)

 

 

今の時点での私の「一定の答え」は、出たようです。

 

 

 

刻々と早まる日没の時間。

夏はもう去っていったね。

f:id:art-hiro-b:20170902192537j:plain


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。