読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

ぬくい感がイヤな今 岡本太郎語録がよい

★日々徒然

世の中は、「あったかい」ものを求める人が多いのかな…って、よく思う。

Facebookなんて、ほんと、その権化みたいなところだなって、思う。

 

スパムサイトが「いいね」を集めるだけ集めて、忘れたころにエロサイトや詐欺まがい情報の広告にすり替える…みたいな手法があるけど。

その「いいね集め」に使われるのも、たいていは、「いい話」が使われる。

涙を誘う内容とか、芸能人や著名人の「ギャップのある、いい話」とか。

感動させる仕掛けにあふれた記事群。

何万という「イイネ」が集まるからスゴイ。

 

それだけ、いい話で「あったかい」を欲しがる人が多い、ってことだ。

 

 

続きを読む

新しいブログを作り中

★日々徒然

先日からちょいちょい書いていますが、新しく龍画専用ブログを作っています。

って言っても、なかなか進んでおりません。

今まで使ったことのないテーマを選んでるせいか、いろいろ????になってて。

後々威力を発揮する(と思われる)機能を装備しているテーマを選んだのですが。

テーマに必要な要素を載せるだけでも、けっこう大変。

 

 

この企画と絡んで、絵画商品の企画ってのも、じりじり進めているんですが。

それがまあ…実に。

ハードルの高いこと高いこと。

 

今までのらくらと遊んでいた分のツケがドカンと来た感じの、2017年に入ってからの丸二ヶ月。

ほんとカンベンして…っていうことが、次から次に起こるわけですよ。

そのどれもが、

「オマエ、いい加減にちゃんとヤレや」

と言っている………

 

のです。

 

 

考えて見たらね。

私って、「自宅以外に、仕事場を持っていた時」に、一番働いてるんです。

場所がない時って、ホント、ロクにできてない。

今ある作品の多くは、場所があった頃に制作したもの…特に大作はそう。

やはり、環境というのは大きい。

大事。

 

でも、それがないとできない、っていうのは、甘いよね…とは思う。

 

今、家の庭の中とは言え、母屋とは別棟に仕事場を作ってもらっている。

やっぱり、そういうのがあるのとないのでは、気張り具合は違いますね。

 

将来的には、また、家と違う場所に仕事場を出したいなと思うけど。

当面は、別棟をフルに使っていかねば。

 

 

 

とにかく。

新しい龍画ブログのために、今更ながらに、龍のこと調べたりもしています。

ウンチクも載せて、厚みのあるブログに育てていくつもりです。

 

 

感謝って、最後の一滴になった「きっかけ」だけではないよね…という話

★日々徒然

感謝しましょう…って、言いますね。

うまくいってないと、「感謝が足りない」とか言われたりもしますし。

 

それはいいけど。

感謝って、しなさい、って言われてするものじゃないよね。

しなさい、って言われてできるものでもないし。

 

したくてするもの…とも、ちょっと違うし。

(それだと、感謝するために何かをする…ってことになって、なんかヘン)

 

 

続きを読む

一度言ってみたい名セリフ「儲けるなんて簡単じゃん」

★日々徒然

久々に、企画書なんぞを書いたりして。

 

営業センスが壊滅的なことが、つくづくと惜しいと思います。

 

 

お金なんて、なくなったら作ればいいんだよ、簡単じゃん。

 

って、真顔で言った人がいました。

私には、宇宙人のように見えました。

 

でも。

たぶんそれって。

経験値によるもの…ていうのも、大きいのだろうなあ。

 

 

なにせ私、籠もりっきりの仕事以外に今までしたことがないので。

学生時代にちょっだけ本屋でバイトした以外は、接客業にも就いたことがない。

 

みなさん、接客や営業のお仕事は、ぜひ、経験しておいたほうがいいですよ。

 

 

ほんと。

今まで何やってたんだろうなあ~と、よく、思います。

主婦になってからのパートの仕事も、CADの入力だの、卸会社のWeb担当だの、下請け専門Web制作者だの…と。

間口広く、人に何かを売るということ、やってこなかったですからねえ。

 

そんな私が。

今取り組んでいること…って。

 

去年の私だったら、大笑いして「アホでしょ」と一蹴したろうな、っていうような内容です。

 

けど。

根拠ないんだけど。

なんか、イケル気がするんだよね~。

 

 

先日、ビジネスセンスのある人にチラッと、その話をしたところ。

「いいですね!ブレイクしそう!」

とのご感想をいただきまして。

ヤル気出るよね。

 

 

企画書を出す相手の方にも、ブレイクしそう!って思ってもらえるといいんだけど。

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。