緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

たとえ数歩の距離でも、生活空間から離れることのありがたさ

自宅の玄関から、数歩の距離。

 

数キロでも、数分でもなく。

数歩。

10歩くらい?

 

たったそれだけのことだけど。

家の外に出て、別の空間に行く。

っていう行動があるって、スゴイ。

 

たった数歩でも。

家を離れて、「仕事場」に移動するっていうだけで。

全く、感覚が違う。

 

仕事場は、単なる「箱」だから、水場が全くない。

水道も、トイレもない。

それを不便と思えばそうだけど。

1時間か2時間ごとに椅子を立ち、歩いて、外の空気に一瞬でも触れて気分転換できる。

これがまた、いいペース配分の目安になる。

 

 

仕事場にはパソコンは持ち込まない。

iPadとiPhoneでできることしか、やらない。

それも最小限。

むしろiPadの用途はYouTubeの音楽再生や、アニメ配信をBGM的に流しっぱなしにするなど。

 

制作以外にすることは、読書。

 

いやあ。

実によい。

 

床に木材を貼ってもらえたから、床に直座りしても気持ちいい。

窓と引き戸を開けておけば風も通る。

 

約6畳という四角いスペースは、ほどよく狭く、ほどよく広い。

 

集中してモノゴトをやるのには、絶好の空間だ。

 

 

仕事場には水かコーヒー以外持ち込まないことにしている。

だから、間食もしないので、それも好都合。

特に無理してないけど、一日1.5~2食くらいに落ち着いている。

あえて低糖質食にしている、というほどでもないけれど、最近じゃ主食を食べないのも普通になってきた。

食べないと決めてるわけじゃないので、出かけた時や人と一緒の時は普通に食べる。

アバウトなのが、ちょうどいい。

 

 

いろいろ、いろいろ。

仕事場作ってもらったおかげで、イイ感じ。

 

 

f:id:art-hiro-b:20170524134408j:image

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。