緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

誰も植えた記憶がないのに毎年必ず咲く水仙

敷地のすみっこに、毎年、水仙が咲く。

今年も、咲いている。

f:id:art-hiro-b:20170420224317j:plain

 

多年草なので、基本的には、植えっぱなしでよいのだ。

というか、そうらしい。

私は花とか野菜とか育てる系は全く興味がないので、よく知らないのだが、水仙については疑問に思ったので調べて、植えっぱなしでOKと知った。

 

 

なぜ疑問に思ったか。

 

この株を、我が家の誰も、植えていないからだ。

 

誰が植えたのか、まったく、わからない。

 

この場所は、道路に面してもいない。

うちが家を建てる時にかさ上げした場所で、生け垣のすぐ内側で咲く。

うちの人間以外、誰も入って来ない場所だ。

 

水仙の球根をもらってきた、ということもなかったし。

もちろん、買ってくるわけがない。

仮に誰か(って誰だよ)もらってきたとしても、球根1つというのも、いささか不自然だし。

かつて子どもらが小学生だった頃に、理科で育てる系の課題でもあったのか…と思っても、水仙なんて聞いたことがない。

昔は、ヒヤシンスの水栽培とかが実験であったように思うけど。

確か、息子達はアサガオしかやってなかったように思う。

 

 

ただ、「いつの間にか咲くようになった」のでは、ない。

どうやってここに根付いたかは不明だけど、咲くようになった時はハッキリしている。

 

セキセイインコを飼っていた。

その子を、敷地の隅っこに埋葬した。

 

その真上に、翌年から、この水仙が突然、咲くようになったのだ。

 

 

以後、毎年ずーーーーーっと。

誰も一切手入れしていないけれど、咲き続けている。

かれこれ10年になろうか。

 

 

なんとなく、うちの守り神の一柱かな…と、思っている。

 

 

 

スイセン属 - Wikipedia

福井の県花なんだね、水仙って。

なんで福井やねん…。


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。