旧<緋呂の異界絵師通信>

2018.05 本拠地を新天地へ移しました

自分に適した領域と、無理しても良いモノはできないとわかっている領域 どっちをやるか考えるまでもなし

ポルカ、続々ご支援いただいております。

大感謝です!

そして、口座への直接のご支援も!

さらに、お会いした時に手渡しという方も!

(↑ちゃんと控えとってますからご安心を~!)

 

もう本当に、スタートする前はここまで応援していただけるとは思ってなくて。

このチャレンジは、本当に、私の自己認識を塗り替えてくれそうです。

やってよかったです。

 

まだまだ引き続き募集します!

窓口のポルカへのリンクも、直接口座への先も、こちらの記事で!

予約販売ではなく「支援を募る」にした理由【Polcaご支援募集中】 - 緋呂の異界絵師通信

 

 

 

 

話変わって。

 

昨年、ジュエリーデザインワークショップに参加しました。

それをきっかけに、シートワックスで原型を作るという体験もしました。

その方面も、もう少し先にはもっと力入れる項目に入っています。

 

なんですが。

私自身は、アクセサリー類を身に着けることもありません。

 

美しいモノを見ることは大好きです。

 

そして、興味を引かれる品は、到底、普段着けるような種類のモノではなくて。

それは舞台用ですか?

みたいな。

少なくとも、日本人にはこういうモノを日頃着ける習慣はないだろうなあ...というような、大きくて手の込みまくったものに、目を惹かれます。

 

ジュエリーのデザインをする上で、石選びはとても重要。

そして私は.........カットされてキラキラ輝く系の石よりも、ゴロンとした感じの、イカツイ石にばかり目が行きます。

ジュエリーとして加工されているものも、「おおーいいなー」と感じるものは軒並み、不透明な石をうまく使っているものだったり。

 

 

今日は、素晴らしい石の数々を拝見してきたのですけどもね。

キラキラの宝石質のルースなどもあるのに、どうしても目がいくのは、違うもの。

 

 

小さいけれど高価な石を使って、そこそこ量産に向くようなデザインにする。

なんか......そういうのに、ほんと、興味わかないの。

 

とことん、利益率の下がる方向にしか興味がないのだなあ~って。

感じましたね。

 

 

でもね。

そんなに興味が無いのに、無理にキラキラなのを作ろうとしても、いいモノできるわけがないんだよね。

 

だから、私はやっぱり、ジュエリーデザインやる時も、イカツイ石を使って、どこに着けていくの?みたいなものを作ることになるんだろうなと、思います。

 

 

ブライダルジュエリーとかデザインできると、いいのにねえ~。

なぜ、そういう方向に食指が働かないのか私ってば。

 

まあ、そういう方向は、ほっといてもたくさんの方が手がけられるでしょうし。

私がそれをやる必要も、ないよね。

 

こういう、ごっつい石を、どう使おうかな~って考えるのは楽しいです♪

f:id:art-hiro-b:20180221001236p:plain

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。