緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

安易な謝罪は創作家の名折れ

創作家なんて、常にどこかの誰かの不興を買うものだ。

万民一致で礼賛されるなんてことは、ありえない。

(あったら、それはそれで恐ろしい)

 

 

書いた時の自分が、誰かに操られていたのだ...みたいな話ならば、また違ってくるだろう。

そうでもないのに、自分が書いたもので不興を買ったからといって、謝罪する必要などない。

 

 

もちろん、内容にあきらかな誤りがあったとか、法律的に問題があることを薦めていたなどの「明白な創作家側のミス」ならば、謝罪すべきだろう。

 

が、誰かの感情を害したとか、世論の流れに反したなどの理由は、謝罪理由ではない。

それは、ただの迎合だ。

自分の作ったものと、その時の自分自身に対しての冒涜でもある。

 

 

安易に叩く、安易に折れる。

 

叩くことと、不快感という感想を述べることはまるで話が違うこと。

そして、叩かれて折れることと、人の感情に配慮することは、もっと話が違うことだ。

 

 

 

 

f:id:art-hiro-b:20180211161925p:plain

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。