緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

呪いに呪われたままでいるのか、いないのか。反応した時こそ、ただ拒否するよりやることがある

誰かの言葉とか、文章とか、歌とか、写真とか、絵とか。

いろんなものが、刺激になる。

何がどんな刺激になるかは、自分次第。

 

それは、「そのモノ」のせい...というよりは。

自分の中にある、そこに反応した記憶や感情の賜。

 

同じものを見ても無反応な人間もいる。

世の中の全員が、自分と同じような反応をするわけじゃない。

 

バックボーンが違うとか、環境が違うとか。

そんなことを挙げてみて、反応しない人と自分とでは全然違う...と言いたくなるのも確かにそうだろう。

けれど、「自分と全一から百まで同じ他人」など、この世のどこにも、いはしないのだ。

 

全員が、違った環境で、違ったバックボーンを生きている。

それらが似通った人同士は、確かに、似た反応を起こしやすいとは言える。

そして、似通った人同士は、近いところにいる確立も高い。

そうした「半径5M圏内」の事情を見て「ほら、みんなそう思ってる!」て判断するのは、ちょっと待て。

 

その反応を、当然として。

そこにあるものを、当然として。

みんなも当然そうだと、認識して。

 

「そのことを、更に自分に定着する」

 

それは、あなたが忌み嫌う「呪い」を、より強化しているだけだ。

 

 

せっかく反応したのだから。

その反応の奥底に何があるか...ってことと向き合ってみればいい。

 

あそこがおかしい、性別が違う者がなりきれてないからおかしい、目線がおかしい。

そんな風に、相手の非ばかり追求していたって、自分にかかった呪いは解けやしない。

 

その呪いは、誰がかけたか...っていったら。

自分だから。

自分がかけた呪いは、反転させて使うのが一番。

 

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

 

 

生きていく、という過程は、自分で作るしかないのだから。

 

f:id:art-hiro-b:20180206224821p:plain

 

 

 

 

DNAをたどって次からの世代にも引き継げる見えない世界の守りがある。

 

 

ーーーーーーーーー受付終了いたしましたーーーーーーーーーー

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。