緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

人間の「裏表のあるナシ」について漫然と考えた

裏表のある人

言行にズレが多い人

本音と建て前の乖離が大きい感じの人

 

そういう人とは、付き合いにくい。

 

なんだけど。

そもそも、人は一面だけではないのであって。

私が「あの人は言行にズレが多い」と感じていたとしても、そんなのは所詮、私が「垣間見ることができた、あの人」という断片から感じているだけの話なわけだ。

 

 

裏表がある人、ない人

 

確かに、そういうのは、ある。

けれど、人は誰でも陰陽一体。

誰にだって、言えないことの一つや二つ、言いたくないことの三つや四つ、ある。

だからって、それで「裏表がある」ことになるのか?

違うよな。

 

 

 

とてつもなく愛が深いからこそ、時に驚くような非情さを発揮する。

そんな人の、愛嬌があって情に厚いところばかりに接している者が、その非情さに直面した時。

まず、「自分がその人に抱いているイメージ」が損なわれることによって、自分が傷つく。

だから、怒りに変わったり、悲しんだり、時には恨んだり。

でも、その人はもともと、愛が深いがゆえの非情さというのを常に内包している。

それに気がつくか気がつかないか...は、見る側による。

非情さをひた隠しにしている...という人は、案外、隠すことができていないものだ。

隠そうとする意識の「香り」が、漏れてくるから。

別に隠すつもりもなく、ただ単に発揮される機会がないだけ...という人のほうが、意図が無いだけ気づかれにくい。

 

では。

その「気づかれにくい」人は、裏表がある人なのか?

 

隠そうとしていてもにじみ出てしまう人は、一般的には「嘘がつけない人」に分類されると思う。

けれど、その人は、「自分が内包している一面を、意図して見せないようにしている」のだから、そっちの方が裏表があるのじゃないのか?

 

 

そんなことを考えながらの夕方。

 

 

 

ちなみに。

例にあげた「愛が深いがゆえの驚くほどの非情さ」を希に発揮する人というのは、実在する人物をイメージしている。

その人のことを悪く言う人間は滅多にいないけど。

むしろ、恩義を感じる人が多くいるのだけど。

一方で、深く恨んでいる人が存在するのも、知っている。

表だって敵を作るようなこともないのだけど。

決めた時に振るう大鉈は、それはそれは思い切ったもので。

全ての人に同じようにすることはできないと、わかっているからこそ。

 

その人は、嘘がつけない。

でも、自分が内包している暗黒を、人には見せないよう隠している。

 

 

 

なんだかイヤだな、と感じる「裏表がある」その在り方というのって。

たぶん、「保身」の強度による。

そんな気がする。

 

見せないようにする、その動機が。

自己保身のためだと...なんだかイヤーな感じがする。

結果的には、その匂いは隠しきれずに漏れ出るので、気づかれて嫌われる。

いわゆる「コウモリさん」は、このタイプに多いように思う。

 

利他のためにしている「裏表」は、覚悟がないとできない。

 

隠している暗黒も、それを全て自分で背負うと決めている場合と、見られて人に嫌われることを恐れているのとでは、まったく触感は違う。

 

 

f:id:art-hiro-b:20171222010706j:plain


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。