緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

やってないモノは負け...というより「存在しない」も同然なのだ

全ては、自分の勝手な思い込み。

 

最近、本当に、これを実感する出来事に遭遇してばかりいる。

 

自分が普通にできることや、意識なしにやっていること。

それらは、自分の中ではどれもこれも「別に?」「大したことないし」「誰でもこんなのやってるでしょ」と思っていることばかり。

 

けれど。

その切り出し方を意識してみれば。

あちらこちらで、それと同様(に見えること)を、お金をもらってやっている人がいる。

 

世の中、そういうものなんだなあ...と。

思う日々。

 

 

あ、もちろん、自分は万能だとか思ってるわけではない。

どう頑張っても無理、っていうことだって腐るほどあるし。

むしろ、そういう事の方が多いのだ。

そこは、よくよく、わかっている。

 

同時に。

その、「よくよくわかっている」ことが原因で、「本当はけっこうスゴイらしいこと」までも、「いやいや、こんなの」と思ってしまっていもいるのだ。

 

ちゃんと、切り分けて見ないといけない。

そうでないと、損失が出るばかりだ。

 

今の世界は、もう、出していかないと腐るだけ...の、流れになっている。

確かに、今でも「沈黙は金」なことに違いは無いのだが。

その中身が、昔と違う。

 

 

やったモン勝ち、という悪い側面を意識するばかりでなく。

やってないモノは負け...というより「存在しない」も同然なのだ、ということ。

 

勝ちとか負けとかではなくて。

存在しているか、していないか。

在るか、無いか。

 

イヤでも何でも、もはやその流れは止められない。

と、私は思っている。

 

 

 

 

https://www.instagram.com/p/Bccsyc8FNFz/

龍、灯りの中から出る #illustration #二重露光 #dragon #artwork #applepencil #photoshopsketch #異界絵師 #闇 #黒 #japaneseart #龍 #神社 #魔除け #灯り #あかり玉 #陶器 #ceramics

 

この写真は、以前に作った陶器のあかり玉とペン画の龍を合成したもの。

すでに手を離れている作品すら、こうして更に新たな一面を創り出すことができるのだ。

切り出し方を工夫する、というのは、単に「よく見せる」ことではなくて、「新たに創造する」ことでもある。

と、思う。

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。