緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

自分だけが懐疑的...という考え方が足踏みの大きな原因

自信、というのが、なかなかにウエイトの高いテーマだ...とは、前々から自覚はしていた。

 

私は、自信がないわけではない。

自信に、凸凹があるのだ。

 

根拠もなく、非常に満々な方向と。

いくら外部から保証される等の裏打ちとなることがあっても、どうにも懐疑的になってしまう方向。

その落差が大きい。

 

 

ブログやSNSに書いていることは、おおむね、前者の領域に属していることだ。

だから、言葉の選択も強いし、そこそこの説得力もある。

 

それが、ひとたび懐疑的すぎる領域のことになると、身近な人が口を揃えてOKだと言っているのに自分だけはNG判定をしてしまう。

私の場合、自分の核になる部分に近いことほど、懐疑的領域に属していて。

なかなかに、覆せずにいる。

 

ただ、これでも、懐疑領域は減った。

だから、これからもっと、減らせると信じている。

そのためには、行動するしかない。

自分自身で、「OKじゃん」と実感できる瞬間を積み上げる以外に、これを打ち消す方法はない。

 

だから、行動あるのみ。

仮に失敗があっても、経験値は積み上がる。

こういう風にすると失敗しやすい、というデータが増えれば、失敗の確率は下がる。

 

「どう行動すると、結果として目に見えやすくなるか」

ということも、懐疑的領域になるとアイデアも出ないので。

そういう時は、そこをカバーしてくれる人に頼る。

小さい行動の積み重ねが最速のルートだから。

 

 

宿題をやりながら、今回の自分の選択はよいものだったな...と思う。

来年の今頃。

目標として掲げた具体的な指標をクリアしていることを「すでに起きたこと」のようにイメージしつつ。

 

 

★外部サイトからも読者登録できます!→

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。