緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

自分がダメと思わなければ、ダメにはならない。続ければアドバンテージは勝手にできていく。

自分が活躍したいジャンルや、やり方があるとして。

そこにはもう、すでに華々しく名を馳せている先人がいるとして。

 

そういう人がいないジャンルを探す方がむずかしいんだけど。

 

でも、現実に、自分の前にもう達成してる風な人がいるのを見つけちゃうと、凹むと思う。

人によっては、「イマサラ自分がやらなくてもいいかな…」なんて、思っちゃうかもしれない。

 

どうせ、今からやったって、あの人がいるから無理だよな。

 

とかね。

 

 

さあ、ここで問題です。

 

「あのひと」は、「あなた」でしょうか?

 

「違う」と答えた人は全員、「その人と自分の違うところ」を箇条書きで、思いつく限り、列挙してください。

 

すごい些細なこと、小さいこと、くだらないことでもOK。

 

というか、むしろ、そういうところこそ、きっちり箇条書きで洗い出してみて。

 

できた?

 

その項目の数分、あなたのアドバンテージがあるわけよ。

その「違うところ」の中には、自分の目からは「劣っている」としか思えないこともたくさんあるかもしれないけど。

長所と短所は見方次第。

優劣もまた、切り出し方次第。

 

その項目の中には、今までに誰かから「だから君はダメだ」なんて言われてしまった箇所もあるかもしれない。

だから「自分はダメだ」って思っているかも。

 

もし、あなたが、それを言った人の言う通りに生きて問題ないなら、そのまま受け取っておけばいい。

その人の言う通りに生きてくのは面白くないなと思えば、そんなのを後生大事にする必要はないよね。

捨ててしまおう。

 

人からの呪縛は、いざ脱ごうとすると、怖くなるんだよねえ。

それは、今まで、自分を守ってくれた鎧だからね。

そして、都合のよい盾でもあったね。

 

 

そんなものは、もう捨てちゃおう。

誰でもない、自分ていうのをクリアにしていけば、勝手に、「アドバンテージ」はできていく。

 

 

 

私なんて、もう、およそありとあらゆる点で「突出したところのない人」の代表みたいなもんだけど。

それでもやるんだ~と思って今日までやってきたわけです。

そして、まだまだ、特に突出したところなんて無いよな...と思いながら、やってます。

もし、あなたが、「いやいや、そんなことないでしょ!」と思ってくださったなら。

それは、私が今日まで、自分だけはダメと思わず気にせずやってきた...ただそれだけの結果です。

 

あの大きな銀杏の樹は、樹齢400年以上だそうな。

人間の一生なんて、あっという間です。

f:id:art-hiro-b:20171202181728j:plain

 撮影:中田幸三さん

 

★外部サイトからも読者登録できます!→

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。