緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

北辰の光いよいよ増しなんことを 破軍星を背に/絵で願掛け

いろんな画風を描いているわけですが、また新しい感じのがラインナップされそうな気配。

 

https://www.instagram.com/p/Bbr4XBtFjtm/

北辰の光いよいよ増しなんことを。破軍星を背に。 #illustration #artwork #pen #筆ペン #北斗七星 #北斎 #紋様 #墨 #護符 #願い事 #願掛け #神 #異界絵師 #願い #神頼み

 

 

 

 

まあ、これはね。

私が勝手に師事してる感覚で、よくしていただいているマーヤラジャ先生が描かれている「占絵」ていうのがあって。

それを見て、自分もできるかな、ってなもんでやってみた...という。

パクリみたいなものなのですが。

 

でも、私のは「占」ではないな...と感じつつ描きました。

 

テスト制作は、自分用。

 

「北辰の光いよいよ増しなんことを」

というのは、北斎爺ちゃんがまだ30代の頃、初めて「北斎」という名を名乗る時、その知らせのために描いた、いわば名刺のような絵に描き込まれていた言葉です。

その時名乗ったのは「北斎辰政」という名。

北辰=北斗七星

北斗七星の先端(第七番目)に位置する星は、破軍星と呼ばれています。

  参考記事→ 破軍星 - 緋呂の異界絵師通信

 

で、破軍星は「その方向に向かって戦うと勝ち、逆らって戦うと負ける」なんて言われているそうな。

 

この絵には「破軍星を背に」て書き込まれているのだが。

「背に」は、背中合わせっていうことではない

自分が破軍星の前に立ち、星を背にして前を向く、ということ。

 

文様画は前から描いていたけれど、抽象画だったので。

このようにして、読める状態の言葉を絵の中に同化させて描くというのも、面白い。

もう少し試し描きして、イケそうならメニュー化するかもです。

これは、願掛け絵...かな?

だいたいいつもは、「向こうからこちらへ渡される印」を描いてることが多いのだけど。

この絵は、こちら側から向こうへ差し出す印...な感じ。

 

今回は最初から北辰の光...ていうのが頭にあったのでそういうことになったのかもなので。

もう少し試してみつつ、見ていきます。

 

 

★外部サイトからも読者登録できます!→

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。