緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

描くことを「紙の上のスポーツ」と捉えるなら、命がかかった冒険です

さっき、Facebookでこんなこと書いた。

 

「紙の上のスポーツ」ていう表現が気に入った!

競技は何だろう...私は..................

 

登山.....かな.....単独エベレスト登頂....

単独太平洋横断(ヨットより手漕ぎ?)

とか???

いつ死んでもおかしくないぜー的な.... 

 

元ネタは、こちら。

 

この内容に関しては、どの立ち位置から見るかで感じ方は全く違うと思う。

私は描き手なので、どうしても提供側として考えるけれど。

購入者側としては、「これにそんな値段?!」て思う気持ちも、わかる。

「ちょっと、ここの空白に入れるイラストほしいな」レベルで思っているならば、ウン万円と言われたら「はぁ?」てなるだろう。

「この人のこの作品が欲しい!これじゃなきゃダメ!」レベルなら、言われた価格を捻出することだろう。

提供する側の論理はこうだよ、と、このツイートは言っている。

そして、提供する側としては、やっぱり、こう言いたいし言うしかないよね...と私も思っている。

 

 

 

 

当記事は、その話ではない。

 

冒頭に引用文として載せたこと。

 

絵を描く、ということを「紙の上のスポーツ」と捉えるなら。

自分は、どういう競技に相当するだろうか。

という、発想について。

 

 

単独エベレスト登頂だの、手漕ぎで単独太平洋横断だの。

どえらいことに例えているけど。

これは、あんまり深く考えないでサラッと書いた

つまり、「本音」が出た。

のだと、自分でも思っている。

 

私は、描くのが早い。

だから、時給に換算したら...それこそ、時給1000円なんかに換算したら。

軒並み、1万円以下になってしまう。

それはない。

断じて、ない。

満足いく値段がつくのは、鉛筆で延々と大画面を埋めていって約一ヶ月...という、スサさんと八岐大蛇くらいのもんだろう。

art-hiro.com

(ちなみに、上の絵は非売品なので札束ごっそり積まれても売らない)

 

 

あとの絵は、かかっても3日。

だいたいは、半日。

下手すりゃ、数分。

 

時給1万円でも「えー、ヤダよ!」って言いたくなる場合もある。

 

一方で。

「時間が、それほどかからない」ということで、自分の労力が大したことない、と思っていた時期が私は長かった。

ほんのつい最近まで、その感覚がなかなか抜けなかった。

 

なのに。

時給換算した価格だと、イヤだし...と思う。

 

そのズレが、この、シェアする時にサラッと書いた文章の中に、如実に出ているのだ。

 

「こちとら、命賭けてやってんだよ!」

 

て、ことだ。

 

実際、描いた後寝込むこともあるのだ。

(嘘のような本当の話)

 

逆にエネルギーチャージしてもらえて元気になることもあるけど。

 

でも、仮に元気になるとしても。

描く、ということを経由して、自分の生命活動に影響が出るレベルの「何かの交感(誤字ではない)」が、されているということなのだ。

 

 

 

もちろん、それをお客様にまるごと押しつける気はない。

モノには適正価格というものがある。

物質としての絵には、物質としての価格というものがある。

 

だけど。

「ちゃちゃっと描けるんでしょ」

という受け取り方しかしない人には、言いたい。

 

「命かかってるんだよ!」

 

まあ、そんなこと思う人にはそもそも売らないけどね。

 

私の絵、高いよ。

 

時に無料で差し上げることも、あるけどね。

(時と場合と相手によるし、その基準は完全に私都合)

 

 

 

 

この絵とか、20分くらいだからね......時給1万円としても3000円じゃん。

イヤだよ。

https://www.instagram.com/p/Ba_UnMTlonE/

万年筆×筆ペン×龍 #illustration #dragon #art #pen #龍 #万年筆 #線画 #異界絵師 #筆ペン

 

★外部サイトからも読者登録できます!→

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。