緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

知り合いのご祝儀とは罪深きモノなり

「好きでやってるんです~」

というスタンスで作るモノは、

少々...いや、かなりヘボでも、

そこそこに暖かく受け入れられる。

 

しかし、それを

「仕事としてやってます」

というスタンスにしたとたん。

かなり達者であっても、

厳しい目が注がれる。

 

金銭の授受があるかないか、というのに関わらず。

 

 

そんな時。

SNSの妙

を、強く感じる。

 

自分が普段から「そこそこ受け入れられている場」の中にしかいないと。

そこで、何を放っても、そこそこに、受け入れてもらえるという状況が普通になると。

 

正しい認識が、難しくなる。

 

 

 

普段接している人達が暖かく見てくれる

 

だからといって

それを

「よし、仕事にしてみるか」

と思った瞬間に。

 

折れる

 

という近未来は、用意されている。

 

 

その時、

 

添え木して固めてでも、前に進む

 

ということができないと。

本当に、終焉がやってくる。

 

 

知り合いのご祝儀とは、

案外と、罪深いものなのだ。

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。