緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

「あなた」のために創りましょう

今までに、この話題は何度も、書いてきた。

自分はいかにして生きるのか、というところに直結する課題だから。

いつも、それを考えてきた。

 

それでも、今までは結局、「自分のためにやるんじゃん」というところを最優先するところに落ち着いてきた。

 

神を描くとか、龍を描くとか、創るとか。

そういう「仕事」は、いささか、「個を少しだけ超えたところ」に意義を見出さないわけにはいかない...そんな性質はある。

それでも。

私には、自分のためだからやる、というのが、最大動機であることに、変わりはなかった。

 

 

今でもそうなのだけど。

なんだろう...ここ最近になって急に。

「いや、やっぱり、それだけじゃない」

と、思えるようになった。

 

何かきっかけがあったわけじゃない。

最近の私は、「別にきっかけがあったわけじゃない」のに、何かが急に方向を変える、ということがよく起きる。

今まで積み重ねてきた「問いかけ」への答えが、ようやく、無意識領域から表側へ浮上しはじめたのだろうか。

 

 

描く意味、創る意味。

それを、世に送り出そうとする、意味。

 

出さなきゃならない、という見えない圧力が押し出してくる。

そういう状態で、ずっと、いた。

やめるという選択肢を断ったからには、この道を、この人生の期限が来るまで、往くしかない。

そういう感覚だった。

 

ここんとこ、「それだけじゃない」て、思えている。

 

 

やっと。

私が密かにバイブルにしているモノが示すところに。

自分の気持ちが、追いついてきた。

そういうことかも、知れない。

 

 

「もし お前が 俺の跡を継ぐなら 憶えとけ

 仏師のノミは 誰かのために 振るうんだ ...ってな」

ブッシメン!THE IMAGE MAKER(1) (イブニングコミックス)

ブッシメン!THE IMAGE MAKER(1) (イブニングコミックス)

 

f:id:art-hiro-b:20171003004526p:plain

 

 2013年に、すでに、このことを書いている。

羅針盤が示す一点|手が知っている異界の彩~絵師・緋呂 展示館~

 

それでも。

何のためと言ったら、自分のためだけどね...と。

それが一番最初にくる、という姿勢は、変わらなかった。

もちろん、私にそれを描かせてくれる、創らせてくれる見えない存在があるからこそ...という意味では、自分だけのためではない、とずっと実感しながらやってきた。

 

今、ここで考えているのは。

それだけですらない、もう少し、先のところ。

 

 

なんだろう。

年を食った、ということだろうか。

 

歴史に何かを残したい...なんてことを思ったのも、ほんの最近の話なのだけど。

「自分のため」の先に。サイキックミディアムのリーディングから遠くへ釣り針を投げるの巻 - 緋呂の異界絵師通信

 

あれから大して日が経っていない今。

最初のところ...「誰かのために振るう」が、不思議に自然に、「自分のため」と一本の線の上に、まとまった気がする。

 

自分と、自分のすぐ後ろにいる存在。

それはもう、一つにまとまった「同じもの」と言ってもよくて。

今言う「誰か」とは、完全なる第三者のこと。

 

見てくれる人。

もしかしたら手に取ってくれる人。

ありがたいことに、手に入れてくれる人。

 

あなたのことだ。

 

「あなた」のために、創りましょう。

「あなた」のために、描きましょう。

美しいモノは、世界をよくする。

だから、一つでもそういうモノを。

 

まだまだ、やるべきことがたくさんあるなー。

 

 

 

★外部サイトからも読者登録できます!→

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。