緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

過去の自分がしかけた呪い、またまた発見 「伝える」ことにまつわるブラックホール

「伝わらなければ言っていないことと同じなのです。」

 

とあるブログにあった、一節。

 

これをシェアする時に、こんなコメントをつけた。

 

不十分で不適切で伝わらない、ということは、言ってないより悪いと思うようになってきた。
誤解や混乱の元だから。

 

最初からうまくやれるわけはない。
失敗しながら学ぶしかない。

 

それすらしないで、相手の理解力のせい、人間性の問題などに責任転嫁して自分の守りしか考えないと、結局人に伝わるのはそうした「卑しさ」「身勝手さ」ばかりになってしまうのだ。

 

当然だろう?
察してもらうことを強要したから、そういう姿勢を察してもらったのだ。
うまくいってるということだよ。

 

 

 

こんなことを書いた同じ日に。

まさに「今の自分は、その通りになっている」というのがテーマとなる話になった。

 

何を伝えていて、何は伝えていないか。

 

本来伝えるべきことなのに、伝えていない。

 

伝えているつもりでいても、人には伝わっていない。

 

そんな、諸処の話。 

 

 

自分が昔、自分にしかけた呪い...というのが。

違うカタチで、表に出てきた。

こちらは、前にそれについて書いた記事の一つの、引用。

条件が重なると発動してしまう、「うまくいかなくする」制限。
それを、私は「呪いだ」と感じ。
どうせなら、逆手にとって利用できないか、っていうことを書いた。

自分で仕掛けた呪いは、逆転して活用するがよいというか「それしかない」と解釈した! - 緋呂の異界絵師通信

 

これを逆転するにはどうしたらいいだろう。

 

 最近の課題は、実に怪しげな角度で飛んでくる(笑)

 

 

 

 

元ネタになった加藤望さんの記事

(怪しげではありません!!)

nozomicoaching.com

 

 f:id:art-hiro-b:20171001145908j:image

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。