緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

知ってたけど放置していた文章の癖を直す 逆説撤廃宣言

文章の書き方というのは、人それぞれに癖がある。

自覚していることもあれば、無意識のこともある。

 

私がずっと前から自覚している癖の一つに、

逆説でつなぐ

ていうのがある。

 

「○○は××だ。

.........だから、.........なのだ。

しかし。

.........なのだから、それは.........なんじゃないだろうか」

 

みたいな書き方のことだ。

 

知っているのだ、この癖。

回りくどい表現の筆頭であることも、知ってる。

ただ、書きやすいから、そのままずっと放置してきた。

 

 

これを、やめる。

 

世の中は逆説で成り立っている...という。

そうだと思う。

 

だから、ついつい、それ多様してきた。

 

それを、やめてみる。

一時的なことになるかも知れないし、もしかしたらストレートな書き方が定着して使わなくなるかも知れない。

わからない。

 

とにかく、やめる。

 

 

「でも」や「しかし」で文章をつなぐことを、本当に必要な時だけに限定する。

基本は使わずに書く。

どうしても、それを使わないと言いたいことが言えない、という時の伝家の宝刀的な。

抜かない前提で刺している江戸侍の刀的な。

 

 

ブログが急に短文ばっかりになったりして(笑)

ま、そしたら、それはそれでよし。

 

 

しばらく続けてみて、気が向いたら、理由を書くことにする。

ひとまず、宣言。

 

でも、しかし、けれど、だけど、そうは言うけど...等々の、一旦否定する書き方

を、やめる。

 

がんばれ自分!

 

 

 

 

お不動様も笑ってる。

f:id:art-hiro-b:20170921191729j:plain

△陶器用の原型として制作した不動明王レリーフ像(部分)

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。