緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

自分で仕掛けた呪いは、逆転して活用するがよいというか「それしかない」と解釈した!

怪しい話なので、好きじゃない方は回れ右~!

 

 

昨日書いたブログに、ありがたい「応答」いただきました。

過去の自分がしかけた呪い せっかくだから逆転させて活用すればいいんじゃあるまいか? - 緋呂の異界絵師通信

 

勝手に、そう思っている(笑)

 

こちら、マーヤラジャ先生の記事です。

treneseteemayard.doorblog.jp

 

せっかくなので、引用させていただきつつ、もう少し考えてみる。

案外と、この呪詛になりやすい年齢は確かにある。
悲しいとか、苦しいという我慢しなくてはいけないのが、3・4歳ごろだったりすると、インナーチャイルドといってもいいけど、16位から20くらいまでが出やすいとされる、若輩時呪詛。

 

リンク先の記事は、若い頃に自分が仕掛けた、自分を潰そうとする呪いについて。

条件が重なると発動してしまう、「うまくいかなくする」制限。

それを、私は「呪いだ」と感じ。

どうせなら、逆手にとって利用できないか、っていうことを書いた。

 

この、「若い頃」というのが、まさに、引用させていただいた先生の文章にある、高校生~20代初頭の話だ。

最も、創作活動に没入した時代であり、それだけに、最も「痛手」を受けている時代。

エネルギー値も、高かった。

この頃に、私は「なんとも気持ち悪い、某神様に関する出所不明の疑問」について調べたりもしている。

そして、そういうことが起きるのがイヤで、日本の神への興味を「ない」ことにして、意識的に忘却、避けるというややこしいことをするにも至った。

この件はまた別に。

 

 

この頃、自分で仕掛けた呪い。

それを逆転して利用できないか、っていうのは、ホントに思いつきで書いたのだけど。

なるほど、確かに、先生の記述を拝読すれば、

「むしろ、そうするしかない」

ってことが、わかる。

自分で自分にかけた呪詛ってのは、他者にかけたものよりも解除しにくいんでよ。
ほら、呪詛は失敗すると自分に返ると言うじゃないですか。
若年期の自分→自分への呪詛→返す→自分に返る→返すのを返す→自分に返る… ええい、うっとおしい。

 

 確かに。

エンドレスじゃんね。

過去の自分に返したら、それはそれで、当時それでなくてもダメージ食らいまくってる自分に、さらなる追撃だし(笑)

(笑い事じゃないけど、もう笑うしかないというか笑えてくる)

 

 

やはり。

ここはひとつ。

今の自分のためにも、未来のためにも、そして過去の自分のためにも。

逆転、活用を図るのみ。

 

 

...で?

どうやるんだろ?

 

まずは、言縁百式を全部、描くことか。

知らんけど。

たぶん、そうなんだろう。

まあいいや、書き終わったら使い方諸々実技講習待ってるし。

 

そんでもって。

後ろにいるヒトらに、ちょっと、いろいろとサインを今のうちから送っておく...と。

(こう言っちゃなんだけど、おっさんは私に力貸す義務があると思うぞ...)

(でもカミだからな...)

 

 

 

 

描いた後で「返し」をくらった絵を貼っておこう。

もっとも、その返しというのは本件とはまるで関係ない話なんだが(笑)

f:id:art-hiro-b:20170907222901j:plain

絵でやってきた応え|手が知っている異界の彩~絵師・緋呂 展示館~

思ったことが分不相応すぎたので返し食らいました、という。

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。