緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

「自分のため」の先に。サイキックミディアムのリーディングから遠くへ釣り針を投げるの巻

この人はスゴイ、と思う友人に恵まれているのですが。

その中でも異彩を放つのが、大阪のサイキックミディアム、奄海るか先生。

先日、新しいカードのリーディングモニターになりましてん。

 

今回のリーディングは、文字起こしではなく、音声メッセージにて結果が送られてくるシステム。

文字で読むよりも、その箇所の「ニュアンス」がイントネーションや声の強さなどで感じられるので、すごくわかりやすい。

ぶっちゃけ「これはいい!」って思ったね。

 

 

で。

その鑑定内容がね。

最初に聞いた時には、「???」だったんですよ。

 

るかちゃんて、本人が「意識を逸らしている」こととかもわかる人なのでね。

私が、「そこを見ないようにしてる」ことを、メッセージで伝えてくれてて。

 

当然の結果として、意味がわからんのですわ。

 

そんで。

何回か聞き直し。

カードの画像見ながら、聞き直し。

 

「なんのために、それをやってるのか?」

という質問。

 

何のためにって。

そんなん、「自分のため」に決まっとるがな。

 

けど、言いたいことは、「自分のため、の、その先」ということで。

 

 

その先?

 

そして、それを考える中で出てきたのが、前の記事にも書いたこと。

 

指示っていうよりは、「計らい」というニュアンスがより正確かな。

広げた手数を絞り込みにかかります、たぶん - 緋呂の異界絵師通信

 

これね。

見えない世界的な指示、というのではなくて。

私の、「その先」に対して自覚を促す、という計らい。

 

 

自覚を促すためにも、ここに書いちゃうことにしました。

 

私、何か一つでもいいから、「歴史に残したい」です。

 

実はほんの最近まで、そういうことにはヒトカケラの興味もなかったんだよねえ。

美術館の常設展とか、納骨所みたいな感覚になることすらあったし。

 

 

でも、ある時に、ふと。

「もし、私が作品なり、名前なりを残すことができたなら、私に関わってくれた大事な人たちのことも、同時に残せるかも知れない、ということなんじゃ?」

って、思ったんですよ。

 

私がすごくお世話になった(&進行形)の方の何名かは、もうすでに、残る側に入っている方達でもあるのだけど。

その可能性が、より、高まるし。

より、広がるんじゃないのかな。

なーんてね。

 

そう思ったら、なんか、やる気出てきてね。

 

自分のためには違いないけど。

本当に、自分だけのためだったら、そんなには頑張れないんですよねえ。

めんどくさくなるから。

 

けど。

私が連なっている人たちに、何かをお返しする機会を一つでも増やす、という意味では。

この「先」をちゃんと見るって、大事やな、って。

 

 

ずっと前に、とある方に、

「何かはわからないけれど、とにかく、常識を越えて長ーーーーーーーーーーーい」

っていうことを、言われたことがあって。

意味がわからなかったので、ツッコミして掘り下げてもらって。

そしたら、「たぶん、作品ですね。それが、常識を超えた長さ存在し続ける、ということかなと」っていうことに。

その時は、長く残すということには本当に、何の魅力も意味も感じていなかったので、「へえー」とか、めっちゃ棒読み反応をしてしまったんですが(笑)

 

でも、よく考えたらね。

作品って、ある種の「タイムカプセル」なんですよ。

その時、その時代、どういう流れの元で作られて、どういう流れの中でそれが残っていったか...ということが、共に情報として保存されるわけでしょ。

まあね、事実がその通りに保存されるかどうかってのは、わからないけれど。

でも、今の時代のこの文明の元ならば。

こうやって、本人が書いているものとかもある程度、どこかに痕跡としては残るでしょうから。

何世紀も前の作家の情報がなんかヘンな伝わり方している、っていうことと比べたら、事実が残りやすいとは、思うんですよ。

 

これは、タイムカプセルだな、って。

 

防水して缶に詰めて埋めることなしに、それよりもずっと広大な情報の網を、一つのモノを起点にして、投げかけることができるわけ。

 

そういうことを考えたら、自分だけのためと思ってる時には沸かない熱意が出てくるよね。

 

 

ということで。

今回、思いがけず、遠い先へと釣り針を投げるようなことになりました。

焦点を結ぶ、という。

 

るかちゃん、いつもありがとう~。

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。