緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

【伝言】記憶と記録 全体世界における人の役割

人の記憶が、見えない世界の存在を、その存在たらしめる重要な要素。

従って、見えない存在側は、人の中にその記憶を保持させていく必要がある。

鮮明であればあるほど、効果は高い。

 

そのために、人に対して絶えず、存在を示す働きかけをするのである。

人の世界にとって有益な情報を。

人が欲する種類の情報を。

そして、人が望む恩恵を。

 

 

人の記憶が風化すると、見えない存在は人の世界への影響力を失う。

全体の世界において、それは大きな損失である。

全体の世界における人の役割は、小さくはない。

地球上において、記憶し記録することができる種族は人だけなのだから。

 

 

f:id:art-hiro-b:20170820214819p:plain

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。