緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

【伝言】異質なものを恐れる 己の弱さに対峙できない自己憎悪が元凶

親しんでいるものと異なる態を示すものを、人は無意識に恐れる。

それは生物としての本能であり、消すことはできない。

 

ただし、現代においては、その働きが弊害になることは多い。

 

理解できないもの、異質に思えるものに対峙した時不安になるのは、やむを得ない。

ただ、そこで攻撃に転じるのは、己の中に「そうせずにいられない弱さ」があるからである。

 

 

人は、まず、「弱さ」というものと正しくつきあう必要がある。

 

弱さとは悪ではなく、欠点でもなく、矯正すべきことでもない。

弱さのない人間は誰一人存在しない。

人が人の弱さをあげつらう時、その者が見ているのは常に、「己の中の弱さ」であり。

「それを忌み嫌わずにいられない間違った刷り込み」であり。

自己嫌悪、自己憎悪である。

 

弱さを忌むべき欠点と捉える者ほど、そこに囚われ、攻撃に転じる。

弱さを利用し不正を働こうとする者もまた、人の弱さを受け入れない。

 

人が恐れるのは、「異なるもの」ではなく、それに対峙した時に喚起される「自分の弱さ」に他ならぬ。

 

人の弱さなどは、小さな一要素にすぎぬ。

誰しも内包するものであり、恥でも欠点でもない。

 

恥や欠点となり得るのは、弱さを無自覚に武器とする姿勢であり。

たやすくその沼に落ち、何度も繰り返す己の在り方である。

 

あらゆる攻撃性の根にあるのは、自己憎悪であり。

それを認めることもできぬ弱さが、全てを狂わせていくのだ。

 

 

f:id:art-hiro-b:20170817182342p:plain

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。