緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

【伝言】人のルールで人の世界の外を縛ることはできぬ

お主ら人の世界で創り出した人のルールは、人の世界の外を縛ることはできぬ。

しかし、人の世界は、その外側の世界に内包された存在。

ゆえに、外側のルールは、人の世界にも適用される。

 

人には、社会という大きな枠のためのルールと、一人のためだけのルールがある。

そのズレの大きさにより、生きづらさの差が生まれる。

 

しかし、社会のルールも一人のルールも、変わらぬものと変わるもの、変えることが当たり前のものがある。

時代の流れとは、その総体が現象として見えているものに過ぎぬ。

 

 

人の外の世界のルールは、人の世界を「結い直す」ことができる。

人はそれを忘れておるようだが。

 

結い直すとは、滅することとは根本的に異なる。

ほどけたものを、適切に結び直す、ということだ。

ただし、適切に直すにあたり、排除される糸は当然のように排除される。

何が当然かは、人のルールではなく、その外のルールが決める。

 

結び直しは、人の力も必要になる。

特別な存在ということではなく。

人、その種を構成する全ての個の力である。

 

f:id:art-hiro-b:20170816134400p:plain


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。