緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

【伝言】役割と手段は対 持ち時間の限界を正視せよ

あの時、停止させずにそのまま、突っ切っていれば。

少々無茶だったとしても、少々強引だったとしても。

そうしていれば、今、もう少し先の景色をみることができていたのではないか。

 

お主はいつも、そんなことばかり考える。

愚の極みよ。

 

その時は、そうしないことを選んだ。

だから今、そこにいるのだ。

 

お主は、言い訳は達者だが、現実に対処することが苦手だ。

だから、ずっと先送りにした結果、今?と思うようなタイミングでそれに突然直面させられるのだ。

 

 

見えない、聞こえないという便利な状況を盾に使うでない。

自ら筆先に名乗りを上げたのは誰か思い出せ。

 

手段は与えてあろうが。

 

人はみな等しく、役割と手段を対にして与えられ、それを使って現実を拓く。

 

己の持ち時間の限界を感じつつあるならば、余分なことを考えて気をそらしおる場合ではない。

 

 

f:id:art-hiro-b:20170816130522p:plain

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。