緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

【伝言】窮地 自ら生み出す罠に捕まるでない

※昨夜書いた時に、あんまり連続でUPするのもどうかと思って一旦下書きにしてありましたが、これのことか!と思うような事案が発生したのでUPします。

 

 

余裕がない相手に遭遇した時、スロー再生モードに瞬間的に入れるように日頃から訓練をしておくことだ。

相手は矢継ぎ早にまくし立ててくるだろう。

自分を優位に立たせてなんとかして正当化しようとしてくる。

その時に、己まで言い分を通そうとしては泥仕合になるだけだ。

呼吸を合わせるのではなく、ずらすがよい。

 

お主も日頃早口に一気に全部相手に伝えたくなる性分であろう。

あえて、相手をスロー再生で俯瞰することだ。

 

視点を自在に切り替えられる訓練と同時に、速度を変える訓練をせよ。

ほとんどのことは、そのどちらかにより、あるいは複合で、思考の袋小路から出ることができる。

 

窮地というのは、多くは、己自身の中で生み出されるのだ。

 

f:id:art-hiro-b:20170816123432p:plain

 

 

 

なんか、この「不可視からの伝言」シリーズがすごい、次から次へと出てくるので、止まるまで当分、これ続くかも知れません。

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。