緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

千人が否を唱えようとも

誰がああ言ったこう言った。

誰がどうしたこうした。

 

もう、そんなことは、どうでもよい。

 

比べる相手は己のみ。

 

本物も偽物も、信じるも信じないも。

全ては、己の感覚の中にしか存在せぬ。

 

己の信じるものを信じよ。

己の信じる相手を信じよ。

 

他人が何を誰を信じるかは、関係ない。

 

千人が否を唱えようと、己が信じるのならば、それでよい。

 

 

それを、通せるか。

ただ、その一点のみに、修練の全てがかかるのだ。

 

 

解錠せよ。

封かんを割り、己にのみしか解けぬ暗号の鍵を見つけよ。

 

七色の光を束ねる者は、漆黒に生まれし明星を戴く、熾火の鱗を手にするものなり。

 

金と銀の蝕の裏側。

 

己を信じぬ者は、何処にも辿り着くことはできぬ。

 

 

f:id:art-hiro-b:20170815014141j:image


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。