緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

あの人だからできたんだよ…が出たら、本気のやる気があるかを見直せ

何かすごいことをやってのけている人を見た時に、出てくる思い。

そのネガティブサイドの代表格は

「でも、それは〇〇さんだからできたんだよ」

だと思う。

 

確かに、そういう面はある。

事実として。

 

例えば、もとから知名度のある人が仕掛けることと、まるっきり誰も知らない人が仕掛けることには、当然、差はある。

けれど、結果がどうなるかは、誰にもわからない。

 

なのに、最初に知名度があるかどうか、というところだけ見て予想した「だから自分はできない」を、ずっと最後まで引きずってしまい結果もその通りを招く、というのは、愚かだ。

 

 

結局、「それは〇〇さんだからできたこと」を思った時点で、

実は、やる気なんかない

のだ。

 

やる気がないことを直視せず。

やらないことを正当化するため。

…に、相手のアドバンテージを絶対化してるだけだ。

 

 

「でも、あの人だからやれるんだよ」

って思ったら。

自分のやる気が本物なのかを見直そう。

 

もし本物なら、何か策はないかと考え始めるはず。

たとえ時間がかかっても。

アドバンテージがある人の何倍もかかったとしても。

 

やろうとしなければ、何一つ現実は動かないのだから。

 

 

f:id:art-hiro-b:20170713123411p:image

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。