緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

目的を見失わないためには、自分がどうしたいかを常にはっきりさせておくこと

自分自身がどうしたいかをはっきりさせる。

これが、なにするにあたっても、一番大事なこと。

 

よく、目的を見失うな、という。

 

それだって、そもそもは、自分がどうしたいかはっきりと、自分自身に明示していないからそうなるんじゃないだろうか。

どうしたいかがはっきりしていれば、そう簡単に目的を履き違えたりはしないはずだ。

 

 

…というのも。

自分的に少々、ここまで来た道を振り返ってみて、「あ、なんか、間違えてるじゃん」と感じることがちらほらと見つかったからだ。

 

自分がどうしたいか、はっきりしてきてるつもりだったけど。

それでも、やっぱり、踏み間違いは起きる。

起きた。

 

 

でも、こういうことを繰り返して、だんだんと精度があがっていくものだし。

気がついた時に修正すればいい話。

経験は積み上がるし。

 

 

関係性から生まれる情とか、いつの間にかできていた力関係の重力とか。

そういうものに引きずられて、修正ポイントを見誤るのが、何よりも痛手になるし。

もちろん、間違ってもまた直せばいいんだけど。

時間も労力もかかりすぎるので、20代30代のように「回り道もいいもんだよ」なんて言ってられるほどの余裕はない。

 

だから、結局は、常に、「どうしたいか」を見据えて目的を設定するしかない。

 

 

大きな道筋としては、他のところへ行く選択肢は私にはないけれど。

今、現実にどう行動していくか、ということについては、やっぱり、常に選択の連続で。

しかも、それは誰に肩代わりしてもらえるものでもなく。

相談することはできても、決断するのは自分でするしかなく。

常に孤独で、同時に自由でもある。

 

けれど、気づかぬうちに、自分自身に手枷足枷をはめてしまっていることもあって。

ふと気がつくと、自分で決めてなかったじゃないか...ってことが起きる。

そういう場合、大抵は、どこかにすっきりしないものが残っているもので。

それが微々たる感触であったとしても、自分自身はちゃんと、それを知っているのだ。

それが、ある時急にカタチをとって現れて。

あれ?なんか変じゃない?

って、表の意識にも自覚できるようになる。

 

 

気がついたら、そこから修正すればいい。

それだけの話。

だから、恐れることはない。

 

 

 

 f:id:art-hiro-b:20170705225617j:image

 今日の夕焼け

 

 

 

 

 

【ご案内】

期間/人数限定セッション

【鬼の繋ぎワーク】は7月末まで。

お申し込みと同時に、自動返信でお振り込み先情報などが届きます。

それが届かない方は、改めてご連絡ください。

もし自動返信が届いていないまま期日を過ぎた場合でも、再度のお申し込みはお受けできません。

 

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

 

★外部サイトからも読者登録できます!→

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。